雨や温度差など気候の変化についていけません。

湿気がいやで、ドライにすると冷えすぎたり、

うまく温度調節が出来ず、温度差があるとかならず家族の

誰かが、風邪を引きます。

スポンサードリンク

今回は長女と私。

う〜。体調を崩すと元気なことのありがたみがわかります。

誰かが体調を崩すと、毎度、主人とお決まりの会話をします。

私「卵食べなきゃ。ほら、茶碗蒸しにする?雑炊にいっぱい入れる?」

主人「なんで卵?」

私「だってさ、卵って滋養があるじゃん」

主人「いつの時代の話だ?」

この会話をいつもします。

確かに、飽食の時代。栄養が沢山ある食品があふれていますが、

なぜか、卵って刷り込まれちゃってるんです。

だから、体調が優れない人には卵を進めるんです。

きっと親から子へ、変な習慣が娘たちにも引き継がれていくでしょう・・・。

私は誰に刷り込まれたんだろう・・・。

親はそんなに卵、タマゴ言わないし・・・。

そんな(どんな?)卵のご紹介です。

コストコのさくらたまご。

タマゴパックの2連って私、コストコで初めて見ました。

初めて見た時は、大家族しか使いきれないなぁ〜と横目でタマゴを

みながら通り過ぎていましたが、よくよく見ると、

通常のタマゴの2連分なんですよね。
IMG_1198

毎週1パック買っている我が家なら、賞味期限も

2週間ほどあるんだし、使い切れないことはないな・・・。

そう思ったら買ってみたくなりました。

娘がプリンが大好きで最近手伝いも出来るようになったので

プリンを作る機会が増えました。これなら沢山作れます。

個人的に、私は白いタマゴが好きです。

割ったときに血が入っている確率が赤玉の方が多い気がするんです。

なので、さくらたまごを見たときにうー、どうしようかと

一瞬手が止まりました。

でも、さくらたまごはうっすら。

ワインで言えばロゼ。

なら、赤玉よりは気にしなくていいかな・・・。

一度買ってみよう。と前へ進みました。

価格は328円でした。

ちなみに、血の混ざった卵、あれはニワトリさんが

びっくりしたり、ストレスを一時的に受けたときに出来るんだそうです。

取り除けば問題ないそうですが、ずぼらな私は、一度割ってから

使うこともしますが、そのままダイレクトで調理することもしばしば

あるので、出来るだけこの血のある卵のでる確率を気にします。

ニワトリでもストレス感じてるんだなぁ〜。

余談でした。

卵ですが、自宅にあった白い卵と比べると大きめです。

M〜Lくらいかな。
IMG_1208

割ったところは、右がさくらたまご。
IMG_1219

白身が若干多いような気がします。
黄身も色が濃くていい感じです。

家族に元気になってほしいときにつくる我が家定番のおかずがあります。

晩酌をしない我が家ではおかずですが、おつまみになる一品です。

長いもの鉄板焼き。

鉄板と言っても、フライパンで簡単に焼いちゃいます。

材料

卵:2個
長芋:280gくらい。(お好みです)
麺つゆ(2倍希釈):大さじ2〜3
海苔・鰹節 お好みで。
ごま油:少々

長芋をすり、卵と混ぜます。
IMG_1210
麺つゆを投入して、混ぜ合わせます。
IMG_1211
フライパンを熱し、ごま油を入れます。

後は両面こんがり焼いてお好みで海苔や鰹節、マヨネーズを

トッピングすれば出来上がり。小口ネギなども美味しいです。
IMG_1217
フライパンで焼かずに、グラタン皿にいれて、オーブンやグリルでも

出来ます。

とっても簡単なのに、栄養抜群。
IMG_1218
子供受けもよく、大人も美味しいのでもう一品というときに使えます。

味付けをせずに、お好みソースで食べてもおいしいです。

よくあるメニューですが、使えます。

コツなどない失敗なしの簡単メニューです。

お試しください。

スポンサードリンク