近頃、また食の安全を揺るがすニュースが飛び交っていますね。

食の安全って大事ですよね。

ママンにとっては特に気になる情報なのではないでしょうか。

おちびを2人育てている私としても、なんとなく子供の口に入る

添加物や保存料などは気にしていました。

あと、これはいろいろな意見があるかと思いますが、

遺伝子組み換え食品なども気になるところです。

スポンサードリンク

夫婦ともには国産が好き。

なので、コストコのプルコギビーフは我が家では異例のチョイスです。

魚介類は、おひな様の蛤以外はほとんど気にしないです。

なのでタコや魚などはモーリタニアってどこじゃらほい?(アフリカです)

なんて思いながらも気にせず購入していましたが、豚、鳥、牛に関しては

国産を割高でもなんとなく安全かなと思い購入していました。

最近のスーパーで特売や、おいくら以上お買い上げの方に卵プレゼント!

なんてやっていますが、18円など破格の卵はたまに外国産だったりします。

それを知ってから卵を買うときは必ず国産か確認するようになりました。

PB製品で、メジャーなメーカーの製品も安いものは外国産だったりします。

同じ商品でも、PBでなく自社のプロパー商品は国産だったりとなにかと

会社も使い分けているみたいです。

でも、外食も好きな我が家は食の安全と言いつつ、ストイックにオーガニックの

ものしか口にしないという訳でもないし、外国産のものを一切購入しない訳でも

ありません。

でも知ったからには避けたい。出来るだけ摂取しないでおこうなんて

思っているものもあるので、かなりうやむやな「我が家基準」があります。

例えば、

パンケーキは大好きだしお店で食べたり、買ってきたりするけど、

家で焼くときは必ず国産小麦粉でアルミフリーのベーキングパウダーで

作ります。

豆腐、干し椎茸や春雨は国産です。

砂糖は三温糖。

マーガリンは使用しないです。バターです。

でも、モスは大好きだし、マクドナルドやケンタッキーフライドチキンだって

お世話になってます。

きっとよそ様から見れば、え〜!?なんでこれがよくて、あれがダメなんだ?

なんていうのものがたっくさんあると思います。

食ってむずかしいね。

家族の健康にダイレクトに影響するものだから。

「我が家基準」って皆さん十人十色ではないでしょうか?

これって正解ってない気がする。

オーストラリアに住んでいたら、オージビーフが国産なんだし。

住む場所によっても違いますよね。

ちょっとでも、1品目でも気にすることで自分の中の意識ってだいぶ

変わる気がするんです。

でも、今回のニュースの話はそれ以前のお話。許せません。

ニュースでいっぱい チキンナゲットって言ってるので

食べたいときにどうしようかなぁ〜と思ったので自分で作ってみました。

以前に買ったさくらどりのストックもそろそろ食べきらなくては

いけなかったので、作ってみました。

かなりアバウトでつくったのでレシピとしてはのせませんが、

材料は、

鶏肉、玉葱、豆腐、小麦粉、塩、こしょう、ナツメグ、ガーリックパウダー

をガーッとフードプロセッサーで撹拌して、
IMG_0037

形成し小麦粉を付けて油で揚げるだけです。
IMG_0039

フワフワなやさしいチキンナゲットが出来ました。
IMG_0066
子供たちもおいしいと食べてくれました。

IMG_0065
笑顔でおいしいといって子供が食べてくれるのはなによりうれしいです。

この笑顔と子供の健康の為に日々、ママンたちは食に真剣に向き合ってます。

(あ、なんか今日はとってもまじめなんじゃない?)

スポンサードリンク