2週間ほど前のこと。
コンビニへ立ち寄ったら、コストコ特集のある雑誌が並んでいました。

写真 1 (14)

これまでにも何冊かムック本として発売されているコストコ本ですが、
新製品が続々と出てくるので、こうした情報はつねにチェックしておきたいですよね。

スポンサードリンク

というわけで。

今回も事前にこれらの雑誌をチェックし、いそいそとコストコへ。

お目当ての食材やらをカートに入れたあと、レジへ向う前に立ち寄るブックエリア。
ここは大人から子ども向けまでの輸入本が多く、楽しめます。
インテリアやフラワーアレンジなどと言った、趣味のものから
レシピ系の本まで。

しかし今回、釘付けになったのは、なんと「お弁当本」。

写真 4 (7)

10分でできるお弁当レシピがズラリ。
中身は日本の一般家庭でよく作られているようなお弁当。

写真 5 (4)

他にも、スパイシーミソポークと書いてある
要するに焼肉弁当だと思われるものとか。

しかし、斬新だったのは、ミソポークよりもコレ。

写真 1 (13)

白飯に梅干しがランダムに!!

梅干しは一個が基本だと思っていた自分にとって、
ドット柄に可愛らしく並んだ3つの梅干しご飯には驚愕。
動揺を隠しきれなかったほどの衝撃でした。

オーバーでしょうか。

気を取り直し、他の弁当レシピ系の本を物色。

すると今度はコレ。

写真 1 (12)

「Yum-Yum Bentobox」!

あまりにもそのまんまなタイトルに惹かれ、ペラペラとめくる。
要するにデコ弁マニュアルというところでしょうか。
日本では良く見かける、これらのマニュアルですが、
こういう手の混んだことを、海外のママたちも楽しむのでしょうか。

海外のお弁当と言えば、サンドウィッチがジップロックの中に入っている、
というイメージでしたが、最近は色々なのでしょうか。

お顔がインパクト大のデコベン。
写真 2 (11)

ハチが愛らしいワンポイントのデコベン。
写真 3 (8)

どれもおいしそうでカワイイですね。

私などは、これらの写真を見ているだけでもう十分です……。
作ってみたいとは思いますが、考えるだけで気が遠くなります。

ウチは男子だし、日本のソウルフードと言えば
「さんかくおにぎり」

これで決まり!!

米の銘柄はもちろん、海苔や塩といった素材を吟味して握るおにぎり。
それに勝るものはない!

ま、デコベンとか作れな~~い!というのが本音ですけどね(笑)

でも。

返す返すも、やっぱり正統ジャパニーズフードとは、
ちょいとかけ離れている気が。
こちらの梅干し弁当。

写真 1 (13)

ビジュアル的にはステキだけど、塩分とりすぎですよ。

スポンサードリンク