お菓子やパン作りが趣味の方にとって、くるみは欠かせない存在でしょうか?
クルミが入れば香ばしくて風味がよく、勿論おいしいです。
しかしスーパーで製菓用のくるみを買おうと手に取り、高価な割にはちょっぴりしか入っていないことを確認して棚に戻す…
そしてアーモンドなどほかのナッツに鞍替えする、と言った経験をお持ちの方は私以外にもいらっしゃるのではないかなと思います。

しかし、くるみが欠かせない料理が一年に一度あります。
それは…お正月の田作り。

小魚が大好きな訳でもない家族が、くるみ入りの田作りだとおせちで一番と言っていいくらい奪い合って食べるんです。

なので年末のお節料理の買い出しではくるみはマスト。
しかし、主役になれる訳でもないくるみ。スーパーで100グラム300円近くするので、200g300gと買うのは躊躇してしまいます。

DSC_0511

ああ…間に合うようにコストコでくるみを探しておくべきだったなー、と思いながら2度のお正月を迎えた私。

今度こそ忘れず年末のコストコ参りではくるみを買っておくぞー!と気合を入れました(笑)

そしてお迎えした、カークランドのくるみ。
100g200gなんてケチなこと言わない、どーんと1.36kgのくるみは!
かさでいうとお砂糖の1kg袋二つ分くらいのボリューム。
100g単価に計算すると、220円くらい…
300円近いのと200円近いのではかなり気分も違います。

DSC_0512

お、おう…とりあえず一掴み(!)贅沢に田作りに投入。
刻み方もいつもの倍くらいの大きさです。

そして残りは…半分は密閉容器にて室温保存。
半分はジップバッグに入れて冷凍保存することにしました。

そして夏が来た現在。
毎日のパンに混ぜ込んだり、ドライフルーツとともにケーキに焼きこんだりと、くるみのある生活を楽しんでいたのですが…
ふと、くるみそのものをおやつに食べたーい!!という衝動に駆られました。

少し調べてみると、あるんですね。
くるみをキャラメリゼしたお菓子が…
そうそうこれこれ!とさっそく作ってみることに。
レシピをいろいろ調べてみても、とにかく家にある材料でできます。
だって家にくるみ様が常駐だし!
あとはグラニュー糖と、はちみつ、バター…好きならシナモンなんかがあればって感じ。

DSC_0514

くるみを豪快に200g。
ローストして、お砂糖を溶かしたフライパンで絡めて、バターとはちみつを絡めて、シナモンを振るだけ。
かりかりで、ケーキ屋さんで売っているような焼き菓子ができます。
岩塩をちょっぴり振ってもおいしいー!

スポンサードリンク