コストコのお肉といえば、外せない『さくらどり』という鶏肉。

我が家ではハードリピート商品です。特にむね肉は安くて助かります。
安いけど2.4kgも使いきれないなぁと、買うのをためらっている方もいらっしゃるかもしれませんが、ぜひ手にとってもらいたい商品です。

鶏むね肉はどうしても肉質が硬くてパサパサしている印象があって、あまりおいしく食べられるイメージが無かったのですが、コストコの鶏肉のむね肉は違いました。
鶏もも肉の代用としては食感、ジューシー感は劣りますが、普段食べていたスーパーの鶏むね肉と比べると柔らかく、味もしっかりしていてかなり美味しいです。

お肉屋さんでもスーパーでも、鶏むね肉というのは比較的安く購入することができますが、一度も冷凍されていないとり肉が100g50円くらいで購入できるのは魅力的です。
数年前に比べ幾分お値段は高くなりましたが(100g35円前後)、それでもお買い得なんです。

2.4kgがどーんと入っているわけではなく、4等分に小分けしたパック状態で販売されているので使い勝手も意外といいです。

『さくらどり』の特徴ですが、肉の色が鮮やかなピンク色でやわらかで一般鶏肉と比べてビタミンE含有量が3倍以上ということです。
また、臭みも全然ありません。


しかし、いくらジューシーといってもそこは鶏むね肉ですので火を通しすぎてしまうとお肉は硬くなってしまいパサつき感もでます。
短時間でさっと火を通すグリルや揚げ物、調理温度と時間が設定できるオーブンや蒸し料理でお使いになることをおすすめします。

パックになっているとはいえ、鶏肉は悪くなりやすいので、買ってきたら素早く調理してしまいましょう。
唐揚げ用に、下味をつけて冷凍すれば味もしみるうえ、お肉がさらに柔らかくなります。

同じように、カレー粉&ヨーグルトにつけておけば柔らかいタンドリーチキンにも。
また、鶏ハムにすれば冷蔵庫で2週間程度もちます。
フードプロセッサーでひき肉にしてつくねや鶏ハンバーグ、ナゲットにしておくのもいいですょ。

我が家は成形して冷凍ストックしていますが、お弁当に大活躍です。
買った当日や翌日に使う予定がない場合や忙しい時は、コストコから帰ってこのまま冷凍庫に直行させています。これがまた、『さくらどり』の便利なところです。
解凍して、レンジでチンしただけで蒸し鶏が完成です。夏場の今は冷やし中華の具材として大活躍です。

もも肉よりも油分が少なくカロリーが低いので、多少食べ過ぎてしまっても罪悪感も低いむね肉。
おすすめです。

スポンサードリンク