大人2人、子供(未就園児)2人の我が家。実は家族全員がそんなに大食いではないので、コストコに行ったからといってがっつり買ってお得!というより、いつも「使い切れるかな……?」と思ったりします。
ただ、鶏肉の「さくらどり」はおいしいので、久しぶりに買ってみました。600g×4袋の2.4kgで、1回あたり600gなら使い切れるのもいいですね。今回も、600gを1袋ごと2日に分けてつかって、残りは冷凍庫に。600gずつまた解凍して使う予定です。手羽中は手軽にグリルするだけでビールで絶品料理になります。

0.「さくらどり手羽中」でグリル(レシピ)

調理方法は簡単!

1.調理方法は簡単!         

コストコでは鶏肉はさくらどりと呼ばれるブランド鶏が売っています。もも肉、むね肉が有名ですよね。我が家も買ったことがあるのですが、今回は手羽中を買ってみることにしました。子供でも食べやすい骨つきの小さめサイズのお肉が入っています。
気になったので、1袋600gあたりに入っている数を調べたら26本でした。うん、これなら使い切れそう!これを、ボウルに入れて味塩こしょうを小さじ1程度、適度にふりかけてから、魚焼きグリルに入れて10分ほど加熱します。

2.魚やきグリルで焼いてみて

魚やきグリルで焼いてみて           

最近、鶏肉を焼くのは魚やきグリルが大活躍の我が家。鶏もも肉なども皮に穴をあけて1枚入れて皮をパリッと焼いています。これがおいしいこと♡
過去にはフライパンで焼いたりもしていましたが、キッチンペーパーで油を拭きながら焼くのがなかなかの手間で……。魚焼きグリルなら、余分な油分は網の下に落ちてくれて、皮がこんがりパリッと焼けるんです。そのため、もっぱら魚焼きグリルで焼くのにハマっています。

3.塩味の手羽中グリルが完成!

塩味の手羽中グリルが完成!               

塩味の手羽中グリルは焼くだけで完成です!
味塩こしょうをかけているので、そのままでも食べることができます。我が家では、私や子供は薄味で食べたいので、塩をお皿のふちに乗せています。そうすれば、夫がビールと食べる時、味が足らない分は塩をちょんちょんとつけて食べることもできます。

焼肉のタレ味もおいしい               

26本も入っていたので、塩味だけでなくて焼肉のタレ味もつくりました。グリルで焼いた後は、半分を塩にして、半分をボウルに入れた焼肉のタレにからめて、味を変えています。
スーパーで購入した焼肉のタレにしましたが、コストコのプルコギの焼肉のタレなどでもOK。余っている焼肉のタレをつけてください。コツはタレをかけてから焼くのではなくて、味塩こしょうの下味だけつけて、後から味をつけること。こげの心配もないのでおすすめですよ♡

4.焼肉のタレ味焼肉のタレ味もおいしい

この日はおにぎりと夕食に               

塩味の手羽中グリルは焼くだけで完成するお手軽料理。家族4人でパクパクいただきました。余った分は、パパのお弁当に入れることもできます。焼きたてだと皮がパリッとしてビールにも合います。
ごはんもおにぎりにして、簡単な夕食に。夫はビールと、家族はお味噌汁で定食風にしていただきました♡

スポンサードリンク