コストコのトイレットペーパーはここがすごい!               

行くと新しい商品が出ていてわくわくするコストコ。先日の中部空港店では、定番商品のトイレットペーパーを購入してきました。
ドラッグストアでトイレットペーパーを購入することもありますが、一度使うと、リピートしてしまうのがコストコのトイレットペーパーだと言われています。

IMG_9065

カークランドシグネチャー バスティッシュ―         

似たような製品がたくさんあるので、何を購入すればいいのか迷うコストコ。トイレットペーパーは、プライベートブランドのKS(カークランドシグネチャー)の「BATH TISSUE(バスティッシュ―)30」と呼ばれる製品を購入しています。パッケージが似ている製品でキッチンタオルなどもあるので、トイレットペーパーを購入する時は注意して購入するのがおすすめです。
30ロール入って2458円。1ロールあたり81円です。そう考えると、12ロール、16ロールで500円弱の製品を購入している人は、値段の比較をしてみて高いと感じるかもしれません。ただ、ラベルをよく見てもらうとわかりやすいのですが、SHEETS PER ROLL と書いてあり、1ロールあたりは425メートルだということがわかります。また、2layersと書いてあるので、日本でいう「ダブル」のトイレットペーパーで、使っている紙も柔らかくて上質なものです。
1ロールあたりのメートルを気にせず、12ロールでいくら、16ロールでいくらかを考えて購入している人がほとんどだと思いますが、コストコの1ロールは他の1ロールとはちょっと違います。

市販品と大きさを比較すると……?

IMG_9068              

6ロールごとにパッケージになっていて、これが5つ入っています。6ロールごとのパッケージも30ロールとほぼ同じで青いアメリカっぽいデザイン。かっこいいので、シェア買いをしてもいいかもしれませんね。その時にも2人で、3人で、6人で、と人数に応じて分けられるのが便利そうです♡
30ロールをそのまま収納しておくのも大変なもの。このパッケージだと、例えば6個ずつのパックを1つはトイレの中に、1つはストック庫の中にと分散して収納することができるのでなかなか考えられているなあと感じます。
そして、一般的なトイレットペーパーと比較すると大きさの違いをわかってもらえるでしょうか。2倍は言い過ぎかもしれませんが、1.5倍くらいの太さになっています。

こうやって収納しています!      

IMG_9070         

我が家では、買ってきた後、時間がある時にパッケージをあけてバンカーズボックスに入れて収納するようにしています。バンカーズボックスはいわゆるダンボールなのですが、大きさが揃うのでクローゼットの中でもきちんとした印象に見えます。収納ボックスよりも手軽で、かつフタができて、スタッキングもOKなので子育て中の我が家には手放せない存在。
今回も、買った後はバンカーズボックスに入れて、トイレにもストックしました。例えば、1階、2階のトイレと2つある場合は、それぞれの収納にトイレットペーパーを収納することもできますよ。

スポンサードリンク