コストコで、市販ではあまり見かけない『バターチキンカレー』のレトルトカレーを購入してみました。

新宿中村屋 バターチキンカリー オリジナルブレンドスパイス 10袋入り価格は約1400円。
一食あたり約140円とレトルトとしてはややお高め?かもしれませんが、新宿中村屋さんのカレーですょ!

老舗監修のレトルトカレーは、スーパーで購入するとレトルトでも他メーカーよりちょっとお高いですよね。
それが、他のメーカーのレトルトカレーと大きく変わらないんです。

中村屋の公式サイトで扱いがないようなので業務用と思われますが嬉しいです。
中村屋は1927年(昭和2年)6月12日に当時の日本では珍しい純インド式カリーを販売したお店という事で、私が関東の人間ということもありますが、カレーといったら新宿中村屋さんというくらいの絶大的なブランドなのです。

私個人、あまり辛いものが好きではないのでマイルドなバターチキンカレーが大好き!
自宅で作るには手間がかかるし、バターチキンだけのためにお店に四六時中食べにいくことも出来ないのでとても有り難い商品です。
箱を開けると、シンプルなレトルトカレーが入っています。真っ白で特に装飾も説明書きも無く、いかにも業務用。(笑)ちなみに辛さ順位表5段階の「3」の中辛です。

バターチキンカレー2

調理方法は普通のレトルトカレーと同様で、パウチ袋のまま湯煎で5~7分温めるか、耐熱容器に移してラップをかけたものを電子レンジで温めるかの2通りです。
温めたルーをホカホカご飯にかけるだけで完成です。

バターチキンカレー3

バターチキンカレーらしい薄い色合いのルーで、具材は一口大にカットされた鶏肉の塊が3個、溶けかかったじゃがいもが3個と少しさみしいもののお値段を考えれば相応でしょうか?

食べると、甘くてクリ―ミーです。辛さも程よいです。さすが中村屋さん!炒めた香ばしさとスパイスの香りも心地よく、トマトのまろやかな酸味とスパイスがよいバランスです。

バターチキンカリーは、コストコで売っている中村屋ビーフカリーと比べてもレトルトっぽさが薄いのが個人的にツボです。
ご飯だけでなく、冷凍のナンでいただいても美味しそうです。次回コストコ詣の際は、冷凍ナンを購入アイテムに入れておかなくっちゃです。
賞味期限が長く常温で保管できるレトルトパウチ商品は、非常食としても便利なので、量が多くても購入しやすいように思います。

バターチキンカレー好きな方、買っておいて損はないと思います。お試しくださいね。

スポンサードリンク