さんまの季節がやって来ました。さんまって美味しいですよね、特に塩焼きなんて最高!
美味しすぎてご飯がススムススム。

コストコでも、少し前からさんまを売っています。
去年も買いました。いいさんまなんでよ、コストコのものは本当に。
脂がのっていて大きくて、見もプリッとしています。

そしてお値段もお手頃だと思います。
スーパーでも安い所はありますが、解凍品だったり小さかったりする事が多いです。

コストコのさんまは生です、そして大きさも立派、北海道産!
何か「北海道産」というだけで美味しさが倍増するような気がします。
今売っているのは4本498円ですが、去年買った時は同じ値段で5本でした。

iOS-20150902171249674

獲れた量などで本数や値段が変わるのでしょうね。
去年はコストコのさんまで何度塩焼きを食べたか。

夫がさんま大好きなのです、しかも塩焼き限定。さんまを塩焼き以外の料理、例えば生姜で煮たりとかすると、勿体ない~塩焼きで食べたかった~と言います。
私もさんまは塩焼きが一番美味しいと思っているので、今はさんまを買った時は塩焼きしかしなくなりました。

新鮮で美味しいさんまは何も凝らなくても、ただ塩をふって焼くだけで絶品です。
夫は晩ご飯にさんまの塩焼きが3日続いてもいいそうです。

コストコのさんまはだいたい4本か5本入りなので、夫婦で一日では食べきれないので、二日連続で塩焼きを食べます。

以前はさんまを焼くとき、魚焼きグリルを使っていました。よくガスコンロの下に付いているやつです。
でもグリルで焼くと後片付けがものすごく大変で、塩焼きは食べたいけど、焼くのは嫌だなと思っていました。

それでもさんまの季節は限られているので夫にも食べさせたいと思い、後片付けに大変な思いをしながら焼いていました。
本当に大変です、グリルの掃除。鍋や食器よりも大きいのでシンクで洗っていても、すごく洗いづらい。魚の脂汚れもなかなか落ちないし、毎回さんまを焼くたびに苦労していました。

今はとてもラクな方法を知ってからは、さんまを焼く回数が増えました。
気軽に焼けます。後片付けも超ラクチン!

どんな方法かというと、フライパンで焼くのです。
なんだ、そんなやり方とっくにやってるよ、という方も多いかもしれませんが、以前の私のように知らない方もいると思いますので、ここで説明しておきます。

iOS-20150902225016603

見て下さい、このさんまピッカピカに光っていますね。大きさがわかるように包丁と並べました。
ちなみにまな板もコストコで買った物です。

さんまを半分に切って内臓を取ります。(内臓を取らなくてもいい人はこのままで)塩をふります。
フライパンにクッキングペーパー(オーブンシート)を敷きます、ここが大事!

iOS-20150902225027248

ちなみにうちの場合はコストコのクッキングペーパーです。有名な緑のやつです。
クッキングペーパーは必ず敷いて下さい。これがないとフライパンがさんまの脂で焦げ付いてしまいます。

そして、焼きます。だいたい焼けたかなと思う頃になったら、ひっくり返します。
もうこの辺は自分の勘でお願いします。

iOS-20150902225100234

大きさによっても違うので何分とかいう決まりはありません。
そしてそのまま焼きます。あまり動かさない方がいいです。

コストコのさんまは脂がのっているので、どんどん脂がでてきます。
切り口から見て、火が通ったな、生っぽいところなくなったな、と思ったら終わりです。

すごく簡単です。ペーパーを敷いているので、後片付けはペーパーを捨てて、フライパンを軽く洗うだけです。
汚れは全部ペーパーに付いているのでフライパンはほとんど汚れていません。

ああ、昔からこうやって焼いていれば良かった。簡単すぎます。

スポンサードリンク