コストコ会員歴3年目にして、先日初めて『返品交換』という、
コストコが掲げる特色特典制度を利用してみました。
普段の買い物で封を開けたり、使用したりましてや食べちゃったりなんかしたものは
返品交換不可なのは常識。

でも!!

コストコはいいーーーんです!!
その特色をしりつつも、今までコストコを愛好する買い物をして来て、
商品に不満を持つ物が無かった為、その制度を利用する事はありませんでした。

今回、返品交換したものは日用雑貨品のスタンレーという水筒でした。
何故返品交換に踏み切ったかというと、
『水筒の色が気に入らない・・・』
なんて自分勝手な・・と思われる方もいらっしゃると思います。
以前からスタンレーという水筒を狙っており、スタンレーは独特なグリーン・ネイビー・ステンレスシルバーがあります。
購入しに行った時に、グリーンかネイビーが欲しかったのですが、
意に反してステンレスシルバーしか在庫が無く、近くに居た店員さんに尋ねたところ、
『色も在庫も出てるのみで終了です』と、
まるでもう今後の販売が無いような返答だったので、仕方なく半分妥協して購入した物でした。

あれから3ヶ月・・・・・
いつもの様にコストコ店内を徘徊していたところ、
あるじゃないですかーーーーーーーー!!
三色綺麗に陳列されたスタンレーが!!
幻覚をみているのかと思い、三度見しちゃいました。
それと同時に納得できない気分がムラムラ・・・
この3ヶ月の間に、スタンレーを5度程使用しました。
日本の常識でいくと・・

はい、返品不可っ!。

主人は『既に使ってるし、返品理由聞かれた時に色が気に入らないじゃあ通用しないんじゃないか?使えなくなった訳じゃないし、別にいいんじゃね?』と弱腰。
相方にそう言われると怯むワタシ。
ここで律儀な日本人は踏み切らない勿体無い生き方をしているのかもしれません。(大袈裟?!)
主人は、返品交換するならお好きにというスタンスだったので、1人で返品交換に踏み切る事にしました。

返品交換当日—。
頭の中では
『終了って言ったのに、こんなに早く全色入荷してるじゃない!納得いかない!納得いかない!』と、
悶々と言葉がリフレインしていても、いざ、コストコに着くと自分勝手な自己都合返品に
理性が働きそうになったりして揺らぐ乙女心。ドキドキドキドキ・・・
とりあえず、返品カウンターを探すべく店内の店員さんに場所を伺いました。
すると!!
『何かお気に召さない点がございましたら、申し訳ございませんでした。当店の特色でもある返品交換制度は、パソコンはご購入6ヶ月以内という規定がございますが、その他は食べた後でも、使った後でもレシートと購入したパッケージや備品を揃えてお持ち頂き履歴と照合して返品交換させて頂きます。臆する事無く、どうぞ制度をご活用くださいませ。
履歴が古い場合、照合に多少お時間を頂いてしまう事がございますが、ご了承ください。』

神様だーーーー
仏様だーーーー
女性の店員の方だったので天女様の様に思えました。

いやいや・・待て、“臆する事無く”とは。
挙動不振で内心が取って見えたのかしら・・・

その言葉に後押しされて、少し胸を張って返品カウンターへ出陣。
カウンターで返品したいスタンレーと購入した時のレシートを提出した際に
返品交換の理由を聞かれました。
『色が気に入らなかったので・・・・』と、自分を誤魔化さず簡素に理由を述べてみました。
返品カウンター係りの店員さんは、怪訝な表情を1ミリもせず
『かしこまりました』とすんなり受け入れる対応をしてくださいました。
更にプチhappyな事が!!
スタンレーの水筒が相場変動の影響でか、購入した時から300円値上がりしていましたが
同商品の返品交換ということで差額無しの物々交換で終わりました。
返品交換をした際に発行される証明レシートは、青いレシートでした。
初めて見たー。
って当たり前か。

有難い対応!!神対応!!
こんなお店、あるんだなぁと感慨深い思いでした。

最後に返品カウンターの店員さんに尋ねてみました。
『今回、ステンレスシルバーをグリーンに色交換して頂けましたが、
やっぱりやっぱりネイビーが良いなぁ〜と思ってしまった場合は
返品交換の返品交換は・・・・・さすがに無理ですよねぇ・・・・・』
と、もう大阪のがめついオバちゃんの様な質問を。

『今回発行いたしましたブルーのレシートと商品をご持参いただければ可能です』
とお話しいただけました。
が、さすがにちょっと苦笑いだったかも。
気にしすぎかな・・。

コストコは、量が多いし金額も小売店の価格ではないので躊躇する気持ちが湧きますが
予算が許すならとりあえず購入も、かなりアリだと実感した体験でした。

スポンサードリンク