2日目にどうぞ!な「プルコギビーフうどん」              

子供が大好きなプルコギビーフ。

コストコに行くと試食も必ずと言っていいほどあり、子供たちもいつも食べてくれます。
コストコの試食で食べてくれると親も買ってみようと思います。
ある意味、コストコの試食は子供が食べるかどうかのバロメーターでもあったりするわけです。

ただ、プルコギビーフも焼いて出すだけだと2日目から飽きてしまって食べてくれなくなってしまうのが現実……。(我が家だと同じメニューを2日続けてはN.G.で、カレーも2日目は全く食べてくれなくなります。)

そこで、「プルコギビーフうどん」の出番です。

気になる値段は?         

プルコギビーフは100gあたり160円でした。
お肉屋さんで味付け肉を買うと思うと妥当な金額ではないでしょうか。

今回購入したのは1558g入りで、ショーケースに並んでいるものでも少ないサイズを選んで買ったつもり。
子供が2人いるとは言え、就園前の小さい子たちなのでコストコでたくさん買って役立つのは小学生に上がってからかな?
下が男の子で現時点で1人前以上食べているようなので、大きくなってくると違うのかな?なんてことも思います。

変換 〜 IMG_9413

1日目はそのまま焼いて小さいお皿に分けてコストコごっこ(笑)。
少ない量をたくさん食べてもらいます。

変換 〜 IMG_9418

2日目は、この「プルコギビーフうどん」。
五島うどんに絡めて出してみました。

五島うどんはひやむぎみたいに乾麺になっているうどんで、コシがあります。
すごく好きなうどんで、私の場合は通販で取り寄せておいて茹でて食べます。

茹でるだけでもおいしいうどんなので夏はめんつゆをかけてそのまま食べたり、レタスやツナ缶を乗せてサラダうどんにして食べたりも。

今回は、うどんを別でたっぷりのお湯で茹でて、氷水でしめておき、プルコギビーフはごま油を入れたフライパンで炒めておきます。
そして、最後に絡めるようにしました。
最後、キムチを上に乗せてちょっと韓国風にしたのがポイントです。

このプルコギ焼うどん、最初に食べた時、「何かに似ているな」と思って考えたところ、すきやきの残りで作るシメのおうどんにとてもよく似ていることがわかりました。
プルコギは、別名韓国風すきやきなので納得です!

プルコギビーフは焼いていると、漬けこんだタレがじゅわーっと出てきます。
野菜などを追加して焼いてもいいくらいのちょっと濃いめの味になっているので、うどんと絡めても追加の調味料は不要。

味が濃いかな?と下の子には湯冷ましの水をかけて食べさせたりもしているほどです。
味もしっかりついているので、子供たちも大好き!大人の親も大好き!トッピングでねぎの輪切りやいりごまをかけてもきっとおいしいんじゃないかな?と思うプルコギうどんです。

スポンサードリンク