コストコでお買得ビーフ『USAビーフ肩ロース焼肉用』のご紹介です。

コストコでは、様々なビーフが売られていますね。特に、『U.S.D.A CHOISE』というステッカーのついたものがたくさんあります。

グレードがポップに表示されていて、グレードごとに価格も変わり、等級の高いものはかなり美味しいですよ!
アメリカの牛肉の格付は、「プライム」「コマーシャル」「チョイス」「ユーティリティ」「セレクト」「カッター」「スタンダード」「キャナー」の8つに分けられます。コストコの肩ロース焼肉用は上から3番目ということですので、なかなかのお肉という事になります。

普段使い用ですのでコスパ重視でこちらを買う事が多いのですが、100g¥180前後で購入できます。
何年か前はもっとお安くてホントお買い得な商品でした。円高でややお高くなりましたが、それでもリーズナブルな価格です。

DSC_1263

薄さはおよそ3~5mm程度でしょうか。部位的には、柔らかい部分と筋張った部分が混在している感じです。
厚切りと違って焼肉用は薄切りですので、多少筋張っていてもあまり変わりませんよね。

買ってきた直後はシンプルに焼肉というか、ただ焼くだけ。塩・コショウのみでいただきます。
画像でもおわかりいただけるかとおもいますが、そのまま使うと焼き肉というより、薄いステーキって感じです。(お弁当屋さんのステーキ弁当のお肉ってこのくらいの厚さですもの。)

また、おうち焼き肉をするなら3-4等分にカットすればOKです。家族でわいわいお値打ちに楽しむ焼肉としては、充分です。
また、仲間とのバーベキュー用にしてもいいですょ。網に乗せて焼けば柔らかいも固いも関係ないですし、厚切り肉では火のとおりも心配ですがこれなら無問題!

火が入り過ぎると一気に固くなりますので、火加減はお気を付け下さい。
コストコの塊肉はお安いですが、もともと切り分けてあるこちらは使いやすいです。

自力でかたまり肉から横に輪切りに薄くスライスするには固い筋を断ち切らなければならないので結構大変です。小分け保存も楽ですし、何かと使いやすいので便利です。

我が家では、だいたい4等分に分けて、その日に消費用、4-5枚に分けてラップ冷凍、残りは3-4等分に切ってラップ冷凍、残りはたれに漬け込んで冷凍としています。

DSC_1268

漬け込み冷凍だと味がよくしみます。我が家は、クレイジーの塩たれやモランボンのたれに漬けこんで利用してます。


調理の手間を省きたい時や、急ぎお肉が必要な時、自分でかたまり肉を切り分ける自信が無い時などは、こちらをうまく利用すればOKだと思います。
多いけど意外と使いきれるので、ためらっている方も一度チャレンジを~。

スポンサードリンク