コストコの乾燥マッシュポテト

実はとっても便利なのをご存知でしたか?

スポンサードリンク

2-1

クリーミーマッシュポテトと言う商品で

箱の中に181gずつ小別けになった袋が14袋(2.5kg)も入って

なんと1068円で買えちゃうんです。

2-3

小袋の中にはパン粉をさらさらにしたような粉が入っています。

 

この乾燥した粉状のマッシュポテトを

どうやってクリーミーマッシュポテトに変身させちゃうかと言うと

作り方はとーっても簡単!!

 

■マッシュポテトの作り方(箱に書いてあるレシピです)

①ボウルにお湯を600ml、バター大さじ4、牛乳240ml混ぜあわせます。

(※我が家では牛乳の代わりに豆乳を使用しています。)

②別のボウルに本品1袋(181g)を入れ、①で混ぜ合わせたものを

少しずつ加えながら混ぜれば出来上がり♪

 

この乾燥マッシュポテトの原料はじゃがいも、バター、食塩のみで

保存料や食品添加物なども使われていないのでとっても安心

 

これなら離乳食としても使えそうですね。

 

じゃがいもを洗ったり、皮をむいたり

茹でたりつぶしたりする手間を考えると

こんなに簡単でいいの!?と言うぐらいあっと言う間に

本格的なマッシュポテトが出来てしまいます。

 

そして、この手軽さと同時に驚くのはレシピ通りに作って完成した時の量です。

お湯を600mlという時点で結構膨らむのが想像出来ると思いますが

じゃーん!!!実際の量がこちらです!!!多くてビックリですよね(笑)

2-4

2~3人でいただく場合は1袋の半分の量でもじゅうぶんかと思います。

 

1箱を消費するのも結構大変なので

そんなにじゃがいも料理の出番がないと言う家庭のかたは

お友達とシェアするのが良いかと思います。

 

1箱の中に小袋が14袋も入っているので半分の7袋でもきっと大満足ですよ♪

 

ちなみにレシピ通りだとバターが大さじ4とかなり多めなので

バターや牛乳の量は味見をしながらは各自調整してみてください^^

 

 

マッシュポテトと言えば

 

ステーキやハンバーグの付け合わせで出てくる事が多いですが

実はポテトサラダにしたり、炒めた玉ねぎとひき肉を加えてコロッケにしたり、

グラタンに入れたりと色々なお料理に変身させる事が出来ます。

じゃがいもの硬さが残ったほくほくした感じも美味しいですが

クリーミーなマッシュポテトで作ったコロッケやポテトサラダも格別です。

 

小さなお子様も喜んで食べてくれると思いますよ^^

 

ちなみにポテトサラダやコロッケを作る場合には塩コショウやコンソメなどを加えて

味を調整したり、茹でたじゃがいもを少量加えて

じゃがいものゴロゴロ感を足したりしてみるのもオススメです!!

 

硬めのマッシュポテトが好きなかたは

上記のレシピの水分を減らして調整してみてくださいね。

 

クックパッドを見ていると、いももちやポテトフライやスープ

春巻きの具やニョッキにしているかたもいらっしゃいました。

レシピを見ながらこれから色々試してみるのが楽しみです。

この乾燥マッシュポテト一つでかなり時短になるので

まさに忙しい主婦の味方!お弁当のおかずの幅も広がりそうですね。

 

 

場所を取らず、水だけで簡単に膨らみ

腹もちも良く栄養価も高いので

我が家ではここ数年、非常食としても常備してあります。

 

 

きっとアイデア次第でもっとレシピの幅も広がると思うので

みなさんのお気に入りを見つけてみてくださいね♪

スポンサードリンク