以前、プルコギビーフを買った時に、自分で調味をしなくて良いという

焼くだけクッキングに魅了されて、今回はミラノ風カツレツをチョイス!

スポンサードリンク

ズボラ主婦にはもってこいっ

 

コストコのメルマガの情報で

『ローズマリー・バジル・ローレル・オレガノ・タイム等のハーブとパルメザンチーズを加えた衣を付けた本格的なカツレツです。』

と紹介文がありました。

 

文面だけを見るとハーブがキツいのかなぁ?

何者かが自己主張して食べ辛かったら危ない系?

と、どこか自分を引き止める考えも頭をもたげ

ズボラ主婦友とシェアをして購入

 

分ける前に枚数数えりゃ良かった・・・(ごめんなさい)

友達家族はお子さんが居ないので、少なめドンブリ勘定で分け分け。

 

ウチに10枚くらいはありました。

(後日、他のママ友さんが購入され、同じくらいの値段で15枚くらいは1パッケージに入っていたそうです。)

 

蓋を開けると、ハーブというよりニンニクの香りが高かったです。

1枚の大きさは大きい物で長さ15cm幅10cm強くらいはあります。

 

チラホラと散りばめられたピンクペッパーに

『5歳児の姫は食べられるかしら・・』

と、不安になりつつも揚げ物とお肉好きなおデブまっしぐらな我が子を信じフライパンへ投入!

 

焼けていく程にニンニクの香りが立って食欲をそそられます。

衣をカリッとさせたくて、焼き過ぎたのか少し衣が剥がれたモノもありましたが

寄せてくっ付けてご愛嬌。

お味は、ハーブが邪魔する事なくお肉も柔らかい!!

主人用に焼いたお肉の中に、ちょっと筋の硬い部分がある物もあったようですが

全体的には思った以上に肉質が柔らかくて、1枚が大きくても4枚くらいペロリといけそうです。

お肉が薄いので時短料理で済むというメリットも感じました。

味もハッキリしているのでそのままでも十分食べられますよー。

 

旦那様が急なお客様を連れて来てイラっとした時とか、

夕飯が要らないと思っていたら『何か無い?』と要求されてイラっとした時とか

にっこりササッと出来上がる手軽さがオススメです!

お勤めされている方にも良いですね!

image2

今回、焼き立てのミラノ風カツレツに生レモンを搾りつつたべました。それが・・・

 

めーっちゃくちゃ

おーいすぃ〜!!

レモンピッタリです!!

あ、決して“レモン汁調味料”はやめてくださいね。

 

生です!

生!!!

 

カツレツと言えば、やはりトマトソース。

次はトマトソースで食べてみようかな。

 

心配していた、娘姫も美味しい!とパクパク食べてくれました。

 

焼きつつ剥がれてしまった衣を見て見ぬふりをした私ですが、

もうちょっと上手く出来ないもんかと、頭をしぼって考えた末、

コストコで以前購入してある『EVOO オリーブオイル スプレー』で

薄っすら油を付け、熱したオーブントースターか、電子レンジの

オーブン機能で焼けばうまい具合に行くかも・・と閃きました。

 

が、

 

コロモ追求よりも、手間を省く事が頭をもたげ。

やらず。

 

ズボラ主婦に着地。

 

とりあえず、フライパン一つで美味しいお肉料理に感謝!!

スポンサードリンク