うちの子供のおやつに欠かせない一品をコストコで買いました。

亀田の柿の種お徳用です。81g×20袋入りです。

通常価格は1188円クーポン値引きで928円でした。

スポンサードリンク

こんなに大きな亀田の柿の種はコストコでしか売っていないと思います。

有名すぎるほど有名な商品ですけど、みんなが知っている亀田の柿の種は六袋くらい入ったスーパーでよく見掛けるタイプのですよね。

iOS-20150828101622470

初めて見た時は「大量過ぎ~!いくら亀田の柿の種が美味しいからってこんなに食べないよ!」と思いました。

じゃあなぜ買ったかと言うと、クーポンになっている時があったからです。

コストコのクーポンというのは不思議なもので、全然買う予定じゃなかったものまで買ってしまうという。

買う気はなかったけど、「あれ?これクーポンになってるの?せっかくだから買ってみようかしら」という気持ちになってしまうのです。

何が「せっかくだから」なのか分かりませんが。

 

という訳で何かクーポン価格にのせられて買った亀田の柿の種ですが、思ったよりも消費が早かったです。

こんなに入っていたら一年くらい減らないよね、と思っていたのですが、何か月かでなくなりました

 

消費が早かった原因は子供たちです。

この箱をキッチンの隅に置いておいたのですが、子供たちが見付けて「これ食べたい、これ食べたい!」となり、食べさせたところ柿の種が好きになりました。

チョコやクッキーなどのお菓子より柿の種が気に入ったようで、おやつの時間になると下の子は「かきたね食べたい、かきたね食べたい」と言って自分で箱の中から持ってきます。

 

小さい子供がおやつに柿の種を欲しがる?チョコやクッキーじゃなくて?ずいぶん渋いね、何かお年寄りっぽいね、と思ったのですが、甘いお菓子よりはこっちの方が虫歯にならなくていいかな、と思い食べさせています。

柿の種が好物な幼稚園児・・・。ちなみに子供が食べるのは柿の種だけでピーの方は食べません。固いから嫌なんだそうです。ピーナッツを全部「ママ食べて~」と持ってきます。

私はむしろ柿ピーはピーだけでもいいと思っているくらいピーナッツの方が好きなので、丁度良く親子で分けて食べられます。

 

箱の中には柿ピーが20袋入っていますが、この一袋がまた結構な大きさです。

スーパーで見掛ける六袋入りタイプの一袋を想像すると全然違います。

スーパーで売っているタイプの方は一袋余裕で一回に食べきります、むしろ足りないくらいで次の袋を開けたりします。

ところがコストコタイプの方は、一袋を一回には食べきれません

だいたい余って、輪ゴムで口を閉じて次のおやつに持ち越されます。

この量でこの価格は安いですよ。

 

 

柿の種が大好きな家庭なら、買いだと思います。そんなに好きでもない家だとちょっと食べきれないかも?でも小袋に分かれているので、二人で買って10袋ずつ分けたりしても良いですよね。

こちら、通常タイプの柿の種の他に梅バージョンの柿の種も売っています。

価格は同じです。どちらもたまにクーポンになる商品です。

スポンサードリンク