見栄えよくボリューム満点なコストのお惣菜『パエリア』大きなエビが並んだこのパエリア、具もたっぷり入っています。

ネットでは賛否両論あるみたいですが、お味確認すべく購入してみました。

スポンサードリンク

こちらの商品はデリコーナーの出来立て熱々提供ゾーンに陳列されています。

 

ロティサリチキンなどもこちらに置いてあります。

陳列棚自体が保温できるようになっているので、いつでもホカホカです。

(場合によってはかなり熱いのでお気をつけください。お値段は100g¥100、正味量はおよそ1.3kgなのでとっても多いですよねー。

パエリア3

家族は洋風なご飯粒があまり好んで食べないので、今まで買ってなかったんです。一人で消費することになると恐ろしいので。(笑)

 

蓋をあけてよく観察すると、サフランで綺麗に色付けされたご飯の上に沢山の魚介類。

大きなエビはお頭付き!具材も量も大きさもすんごい!!圧倒されます。

パエリア2

原材料をみると、米(国産)、あさり、チョリソーウインナー(豚肉)、鶏肉、エビ、たまねぎ、ムール貝、イカ、隠元(いんげん)、トマト、赤パプリカ、人参、植物油脂、大蒜(にんにく)、オリーブ、乾燥赤ピーマン、チキンエキス、砂糖、エビペースト、食塩、魚介エキス、調味料、乳化剤、増粘多糖類、紅麹色素、カゼインNa、リン酸塩(Na)、保存料、ph調整剤、酸化防止剤、発色剤、グルコン酸鉄・・・めちゃめちゃ材料が多い。

 

よくみると、魚介だけでなくお肉やお野菜なども入っていて具だくさんなのですが・・・、それ以上に米が多すぎます。

上の具材をどけるとお米がぎゅうぎゅう詰めに入れられています。比率がなんというか大雑把。

ある意味コストコらしい商品です。(笑)

 

しかしながら、具材から出ている魚介出汁(だし)はしっかりお米に移っています。

ややお米が柔らかいので本格的なパエリアと比べちゃうとどうなのかな?といった感じは否めませんが、食べる前に一度フライパンで火にかけたり、オーブンで焼いたりしたら多少パラパラになります。

調理するのが面倒だったので、買ってきた当日はやりませんでしたが、翌日は少し具材を足して一手間加えることを本格的なパエリアに近づきます。

 

パエリアは本来、固めな炊き具合だから意見が割れちゃんでしょうね。

なんとなく柔らかめの炊き込みご飯的というか、ピザ同様、アメリカンテイストにアレンジされているといってもいいかもしれません。

 

そうそう、チョリソーウインナーが少し辛いのでお子様に取り分ける際はお気を付けください。

 

賛否はありますが、なかなか自宅では作らないものがお手軽に自宅で食べられるのは嬉しいです。

 

大きな容器をそのまま食卓にドーン!と出すだけで簡単ですし、ホームパーティなど人が多い時の料理としても便利です。

見た目もインパクトがあってパーティーにはピッタリですしね!

お値段以上に満足できたので、たまーにリピートするのもありかなぁと思いました。

スポンサードリンク