• 北海道産 冷凍さんま 6尾 558円

 

昨年は5匹で345円の生さんまが売っていて

実は今回そちらを期待して行ったのですが生のものには出会えず・・・

でもどうしてもさんまをゲットしたかったので初めてこちらを購入。

スポンサードリンク

昨年の生さんまの存在を知ってしまっていたので迷いましたが

冷凍されたさ6尾のさんまたちを凝視していると

なんだかとても新鮮そうですごく立派に見えて来て

冷凍だけど美味しくいただける事を期待して、連れて帰りました。

 

冷凍のさんまってそのまま焼いてしまうかたが多いようですが

まずは一度解凍してから焼いたほうが美味しくいただけるそう。

 

冷凍のまま焼いてしまうと、焼いている途中に身が破裂してしまったり

均一に焼くのが難しくなるので焼きムラが出てしまったり。

 

なので食べると決めた数時間前に、冷凍庫から一度冷蔵庫へ移して

解凍してから焼いて食べる事をおすすめします。

 

どうしても早く解凍したいときには流水でも良いそうですが

旨みが逃げてしまうので、冷蔵庫がベスト。

 

まず最初は焼きさんまでしょ!って思っていたのですが

最近色々なかたのインスタグラムで「さんまご飯」をよく見かけて

ずっと気になっていたので、今日はあえて土鍋でさんまご飯を炊いてみました。

 

少しでも美味しくいただきたいので、もちろんじっくりと冷蔵庫で解凍して

内臓を取り除いた状態で作りました。

20-2

  • さんまの土鍋炊き込みご飯 レシピ(3合分)

 

※材料

さんま 2尾

生姜30g

みょうが 30g

三つ葉 適量

梅干し 4~5個

塩 少々

米 3合

水 560cc

醤油 大さじ1

酒 大さじ2

みりん 大さじ2

 

※作り方

 

  • 米は研いで一旦ザルにあげて水を切ったあとに土鍋に入れ、

水を加えて30分以上浸水させる。

 

  • 秋刀魚はエラと内臓を取り除いてよく洗い、

2つに切って何か所か斜めに切り込みを入れ、塩を振って焼いておく。

 

  • 生姜とみょうがは千切りにしておく。

 

  • 土鍋に調味料を全て加えて軽く混ぜ、焼いたさんまと梅干を並べたら

蓋をして強火にかける

 

  • 沸騰して蒸気が勢いよく出て来たら弱火にして8分→再び強火にして約1分

 

  • パチパチとおこげが出来る音が聞こえたら、火を止めて15分そのまま蒸らす。

 

  • 蓋をあけて生姜とみょうがを散らし、再び5分程蓋をしたら、

最後にみつばをちらして出来あがり。

 

私はこのレシピで作りました。

もし生姜の辛みが強ければ、一旦水にさらしてから散らしてください。

 

もちろん炊飯器でも美味しく炊けますが、土鍋で炊いた炊き込みご飯は格別!!

 

きっと新鮮な状態で冷凍されたさんまだと思うので

一度解凍してからでも全く冷凍だと言う事を感じさせないぐらい

ふかふかで美味しく仕上がりました。

 

お昼頃に冷凍さんまを使う分だけ冷蔵庫へ移しておけば

ちょうど夕食の支度をする頃にはちょうどよく解凍されているかと思います。

 

冷凍庫にこのさんまがスタンバイしてくれていると思うとすごく心強いかも。

 

出来れば昨年の生さんまにもう一度出会いたいですが

出会えなかった時にはこちらの冷凍さんまでもじゅうぶん美味しくいただけますよ

スポンサードリンク