アメリカ産豚肉『チルドポークロースショウガ焼き用』がクーポンでお安くなってみたので購入してみました。

この日の価格は100g 99円 (※価格変動あり。)

枚数を数えたら約1.5㎏で48枚入っていました。

スポンサードリンク

コストコの精肉売り場といえば牛肉!というイメージが強いですよね。

実際にアメリカでは牛肉が豚肉よりも安いですし、アメリカの豚肉ってソーセージ位しか思い浮かばないですよね。

 

次に個人的に好きな羊肉。(羊肉がお安く手に入れるにはコストコが一番!)

そして、さくらどり。

 

正直私自身、豚肉は好きではないので大量に購入しようと考えたこともなかったのですが、試食が意外にもよかったので買ってしまいました。

コストコのお肉やその他の商品もそうですが、名前に「解凍」と書かれていないかぎり冷凍して運ばれてくることはありません。

 

アメリカで真空パックされ、空輸で運ばれてきた豚肉をコストコ店内で薄切りにしているそうです。

肉を冷凍しないからこそ、肉質がなかなかいいんです。

DSC_0370

帰宅後メールマガジンをよく見たら、『ロースの中の赤身肉のみを使ったヘルシーな豚肉です。 しょうが焼きや炒め物などにどうぞ。』と書いてありました。

豚肉コーナーをよく見たことがなかったので、いつから販売されていたのか不明ですが日本人が使いやすい厚みと大きさです。

生姜焼きにはもちろん、チーズ挟んでミルフィーユとんかつなど使い勝手が意外とよかったです。

DSC_1290

大量なので冷凍保存もしますが、最近我が家でヒットだったのは味噌漬けです。

ごはんのお供にぴったりな豚ロースの味噌漬け焼きは、味噌に漬けて、寝かせて、焼くだけなので簡単です。

前日の夜に仕込み、翌日の夜に食べられますし、数日なら保存も可です。

 

 

我が家のレシピはこんな感じです。

 

(材料)

・コストコ チルドポークロースショウガ焼き用 12枚

・味噌 大さじ5杯

・砂糖 大さじ1杯

・酒、大さじ1.5杯

・みりん 大さじ1.5杯

・ガーゼ(あってもなくてもいいのですが、この味噌床は2回程度使いまわすことが出来ますので、お肉を取り出しやすいようにガーゼを使っています。また、表面の味噌を洗う、あるいはこそいだ後手についた味噌を流しで洗うことで排水が増え、環境面で良くないという部分もあります。)

DSC_1292

(作り方)

  • ①みそ大さじ5、酒、みりん各大さじ1.5、砂糖大さじ1をよく混ぜ合わせます。
  • ②保存容器を用意し、味噌床を1/4ほど容器の底に平らに敷き詰めます。
  • ③②上にガーゼを敷き豚肉をのせ、ガーゼ、味噌、ガーゼ、豚肉、ガーゼ、味噌と漬けます。
  • ④薄いお肉ですので半日くらいで味が染み込みます。
  • ⑤フライパンに油大さじ1/2を熱し、1の豚肉を並べて焼く。味噌がついているので焦げやすいので弱めの火加減でこんがりと焼き、焼き色がついたら上下を返し、同様に焼いて器に盛りつけます。

 

脂身も少なく、脂が甘い。そして、肉が硬くなりすぎない。

このロースならまたリピートありですね。冷凍庫に空きスペースがある時にオススメです。

 

スポンサードリンク