さて、同じ物を持っている子と差別化を図るにはどうすればいいかな。
と考えていました。

 

IMG_0129

コストコでゲットできたクロックス

やっぱりジビッツなどを付けようかな・・・。などと思いましたが、
よく、一度付けたら取り外しがきかない とか、つける場所によって
怪我をしたり、爪が剥がれるおそれがあるなどと聞いていたので、
プールでふやけた足には付けたくないなぁと思っていました。
それに300円するんですね。ジビッツって。

スポンサードリンク

そこで思いついたのが、リボンでした。
入園式に備えてヘアゴムを手作りした時の物を思い出しました。
これで作った物がこちらです。
IMG_0136

これなら、簡単に付けられるし気に入らなくなったり、汚れたりしても
簡単にすぐにチェンジできます。しかもとってもお安く済みます。

インパクトがあってすぐに自分の持ち物だとわかるし、女の子づいてきた
娘もリボンなので喜んでくれました。

作り方はカンタン。
まず、リボンを用意します。
IMG_0130
リボンはサテンが光沢があって可愛いのですが、ツルツルで取れ易いので、
グログランという種類のリボンがおすすめです。
2m 80円くらいで購入できます。

これを穴に通して
IMG_0131
結ぶだけです。
とっても簡単。靴ひもを通す要領です。
ただ、内側は出来るだけフラットに、そしてとれてしまわないよう
固定が必要です。
IMG_0221
内側は引っかからないように、そして内側のリボンとクロックスを
グルーガンで固定します。(グルーガンは100円均一などで簡単に手に入ります)

IMG_0222
IMG_0223

そして結びます。

 

IMG_0224
ここでもコマになったところにグルーガンをつけ固定します。
ここであまりグルーガンを盛ってしまうと蝶々結びがしずらいので
出来るだけ平らにつけます。

IMG_0223

 

そして蝶々結びをして、真ん中のところにわからないようまたガンで固定すれば
完成です。

 

IMG_0225

端がモサモサしているのを綺麗にしたり、ほどけてしまわないように、
チャッカマンやライターで軽くあぶってください。
IMG_0226

 

もさもさしているのが、火であぶると、

 

IMG_0228
綺麗になり、少し溶けるのでそれ以上もさもさしてきたりしません。
リボンの幅もある程度太くても穴が通ればOK。
IMG_0132
太い方がインパクトもあって可愛いと思います。
が、娘はピンクとの組み合わせがわかりやすいようで
細めのティファニーブルー色のリボンをチョイスしました。
IMG_0139
簡単で経済的に可愛くアレンジできますので、クロックスをぜひオリジナルに
変身させてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク