数年前にシカゴ発のギャレットポップコーンが日本に上陸してから、今ではコンビニやスーパーなど、様々なところで同じようなポップコーンが買えるようになりましたよね。

それまではポップコーンといえば、映画館で食べるものか、子どもが食べる食べものというイメージがあったように思いますが、ギャレットポップコーンを真似た、濃厚で本格的なお味に、“大人のポップコーン”というものが、日本でも定着しつつあるように思います。

 

スポンサードリンク

基本的にミーハーな私は流行りものが大好きなので、東海地方在住ですが、ギャレットポップコーンができたばかりの頃は、東京へ行った際にわざわざ原宿にあるお店に出向き、1時間以上行列に並んでポップコーンを買った覚えがあります。

 

ポップコーンって、そんなに好きじゃなかったんですけどね。

たしか季節外れの雪が降った時で、足元もべちゃべちゃになり、すごく寒いという悪条件の中だったのですが、その時はそれでも“どうしても食べたい”という気持ちが勝りました。

初めて食べたギャレットポップコーンの味は、今までのポップコーンのイメージを覆すもので、「こんなにおいしいポップコーンが世の中にあったんだ!」と、すごく感動したのを覚えていますね~。今でも長蛇の行列は相変わらずなのかな。

 

そのギャレットポップコーンの味が忘れられずにいたところ、コストコでふと見つけたのが、G.H.CRETORS(クレターズ)のポップコーン

まずはキャラメル味とチェダーチーズ味のシカゴクラシックを購入してみたのですが、すごくおいしい!

甘じょっぱいミックスの、“やめられない・とまらない”は、ギャレットポップコーンそのものでした。

 

シカゴクラシックがおいしかったので、次も同じものをリピ買いしても良かったのですが、そこは好奇心がむくむくと。

 

同じG.H.CRETORSのキャラメルコーンナッツクランチを購入してみることにしました。

ナッツは大好物なので、キャラメルとナッツの組み合わせに期待が高まります。

名称:菓子

原材料名:ブラウンシュガー、砂糖、ローストナッツ(カシューナッツ、アーモンド、植物油)、バター(牛乳、食塩)、玄米シロップ、ポップコーン(遺伝子組み換えではない)、植物油、食塩、ピーカンナッツ粉、乳化剤(大豆由来)、炭酸水素Na

内容量:709グラム

賞味期限:購入日から5ヶ月後

 

こちらのキャラメルコーンナッツクランチ、シカゴクラシックとの大きな違いはパッケージ!

ジッパーがついているので、開封したあとも、そのまままた密閉して保存することができます。

ジッパーが付いていないと、洗濯ばさみでとめたりクリップでとめたり、はたまたジップロックに移し替えたりと、いちいち面倒くさいので、買ったときそのままのパッケージで保存しておけるというのは本当に嬉しいですよね。こちらのパッケージ、可愛いですし。

DSC_2613

ポップコーンを取り出してみると、コロンとした丸いポップコーンに、くまなくキャラメルがコーティングされています。

私が小さい頃食べていたポップコーンは、もっと大きくて形がいびつだったような気がするのですが、どうしたらこんなにコロンとした可愛い感じになるのでしょうね。

トウモロコシの品種が違うのかな。

 

重みで下の方にたまってしまっていましたが、ポップコーンだけでなく、カシューナッツとアーモンドにも、しっかりとキャラメルがコーティングされていました。

 

ひとくち食べてみると、ガツンと濃厚なキャラメルの味が本当においしいです。

まろやかなコクがあって、幸せ~な甘さが口の中いっぱいに広がりますね。

ポップコーンの表面がカリカリしているので、まろやかな口当たりの中にもサクサクっとした食感があって、クセになりますね。

そして、ポップコーンとナッツを一緒に食べてみると、もうこれまた悶絶しちゃうくらいのおいしさ!濃厚なキャラメル味に、ナッツの香ばしさと深い味わいが加わって、「もうたまらん!」という感じです。あ~、幸せですね~。

 

ただ、一つ注文をつけるとすれば、ナッツ好きな私からすると、ナッツの分量が少し少なくて多少物足りなさが・・・。

こういうナッツが入ったお菓子は、ナッツのおいしさを最大限楽しむためにバランス良く食べていきたいので、柿ピーの“柿の種何個に対してピーナッツはどれくらい”というような法則が私の中ではあるのですが、こちらはちょっとナッツが少なかったかったかなぁ。

 

しかも、ナッツが袋の下の方にたまっているので、無理に取り出すとキャラメルが手についてベタベタしてしまいますし。

 

でもまぁ、ナッツと一緒に食べなくても、ポップコーンだけでも十分満足できるおいしさなのでオッケーなのかな。

シカゴクラシックは、キャラメル味とチェダーチーズ味の甘じょっぱさでどんどん手が伸びてしまいますが、こちらはがっつりとしたキャラメル味だけなので、少しの量でも満たされますしね!

 

しかもコストコで買うと、他の輸入食品店で買うよりも、比べものにならないくらい安いんですよね。

比べてしまうと、お値段の違いに本当にビックリします。

 

G.H.CRETORSのポップコーン、キャラメルコーンナッツクランチもシカゴクラシックも甲乙付けがたいおいしさですが、いつもコストコの情報交換をしている幼なじみは、こちらのキャラメルコーンナッツクランチの方がコーヒーに合うから好きと言っていました。

たしかに、コーヒーに合わせるなら断然こちらのような気がします。

 

一番良いのは、どちらの商品も常備しておいて、気分によって食べ分けることですけどね!

キャラメルコーンナッツクランチ、我が家に欠かせないお菓子のひとつになりました。

スポンサードリンク