初めて私がマンゴーと出会ったのは、15年前くらいに出かけた香港旅行。

そのときはまだ日本ではマンゴーはメジャーな果物ではなく、「世の中にこんなにおいしい果物があったんだ!」とすごく衝撃を受けたのを覚えています。

スポンサードリンク

それからしばらくして、テレビでもよく取り上げられるようになったり、宮崎県のマンゴーが注目されるようになったりして、今では誰でもよく知る果物の一つになりましたよね。

それでも生のマンゴーは、家ではあまり口にしない果物なんじゃないかと思います。

生だと旬もありますしね。

 

生のものよりも、ドライフルーツになったものの方が、身近な存在でよく食べられているような気がします。

 

私も、今でもマンゴーは大好きで、ドライマンゴーをよく買って食べます。

近くにコストコができるまではKALDIでドライマンゴーを購入していたのですが、なにせ、量が少ない!“大袋”と紹介されていても、あっという間になくなってしまうんですよね~。

しかも、結構良いお値段したりします。

 

コストコで「くだもの屋さんのしっとりジューシーマンゴー」が売られているのを発見したときは、こんなお値段で買えちゃうの?!と嬉しかったのですが、最初はあまりの量の多さに購入するのを少しためらいました。

 

だって、ドライフルーツってカロリー高そうですからね!

 

でも・・・やっぱり誘惑に負けて購入しちゃいましたよ。

 

「くだもの屋さんのしっとりジューシーマンゴー」

名称:乾燥果実

原材料名:マンゴー、砂糖

内容量:480グラム

保存方法:直射日光・高温多湿をお避けください。開封後はしっかりとチャックを閉め、冷蔵庫で保管してください。この場合、賞味期限にかかわらずお早めにお召し上がりください。

原産国名:フィリピン

購入時価格:1,198円

 

普通のスーパーでは、一袋にこんなに大量に入っていることはまずないですよね。

100グラムあたり342キロカロリーと書いてあったので、一袋で約1,641キロカロリー・・・

見なかったことにしたいと思います(笑)

 

 

袋を開けると、甘くて濃厚なマンゴーの香りがします。

“しっとりジューシーマンゴー”と名付けられているだけあって、しっとりとして肉厚なマンゴーがギューギュー詰められて入っていました。

着色料や漂白剤は使われていないそうなので、身体にやさしい感じがして良いですよね。

 

こちらのドライマンゴー、味が濃くてとってもおいしいです。

何ともいえない甘酸っぱさが、本当にあとをひく感じです。

色んな大きさのものが入っているので、一つ食べ始めると、「次はこの形を食べてみようかな」というように、おいしさも相まって手が止まりません。危険すぎる~!

 

そのままだけではなく、定番ですが、ヨーグルトに一晩漬けて食べるのもオススメです。

 

ドライマンゴーとは思えないほどぷるっぷるになって、それでいてドライマンゴー特有の甘酸っぱさは健在。

ヨーグルトマンゴーはよく聞くものの、初めは「そんなに違いはないでしょう」と半信半疑だったのですが、試してみたら目からウロコのおいしさでした。

 

ドライマンゴーの栄養を調べてみると、ビタミンA(お肌の健康維持)、βカロテン(お肌の健康維持や抗酸化作用)、ビタミンC(美白や免疫力UP)、葉酸(造血作用)などが豊富に含まれていて、美容・美肌効果がすごいのだとか。女性としてはぜひとも食べなくちゃ!と思いますよね。

 

とはいえ、注意しなくてはいけないのは食べ過ぎです。

そのおいしさと食べやすさゆえに、ついつい手が止まらなくなってしまうのですが、ドライフルーツはカロリーが高いうえに、砂糖が使われていることが多いので、血糖が上昇しやすいらしいのです。

もちろんこちらのドライマンゴーも例外ではなく、ドライマンゴーは、生のマンゴーに比べてなんと約6倍もカロリーが高いらしいです。きゃー!

 

私は妊娠期間中に、やたらと甘い物を欲する時期があったのですが(妊娠後期には、胎児が糖を欲するという説もあるらしい)、こちらのドライマンゴーも毎日欠かさず食べていて、その日は朝食にもヨーグルトマンゴーを食べて出かけました。

結果、案の定というか、尿糖検査でひっかかりまして・・・。

妊娠糖尿病になると、流産する可能性が出てきたり、赤ちゃんが巨大児、発育不全・奇形、低血糖、心臓病などになる可能性が出てきたり、羊水過多や胎盤早期剥離などになる可能性が出てきたり、はたまた出産後に糖尿病になるリスクが高まったりと、本当に怖い病気なのです。

妊婦さんは尿糖が出やすいと言われているとはいえ、次の尿糖検査の結果が出るまでは、「もし赤ちゃんに何かあったらどうしよう」と気が気ではありませんでした。

もちろんドライマンゴーだけが原因ではないとは言え、ドライフルーツの血糖値への影響を完全になめてましたね~。

なので、それ以降は現在に至るまで、毎日は食べないように休肝日ならぬ休マンゴー日として、食べる間隔をあけるように気を付けているのですが、妊娠中の方は特に食べ過ぎには気を付けた方がいいかもしれませんね!

スポンサードリンク