元々豆菓子が好きということもあり、その他のお菓子も、ボリボリと歯ごたえのあるようなものが好きな私。

ふわっと空気を含んだ感じの、スフレとかシフォンケーキとかエアインチョコのような、口に含んですぐに溶けてなくなる系のお菓子は、好んで食べることは滅多にありません。

なかでも、輸入食品店やスーパーで売られているSNYDER‘S(スナイダーズ)のプレッツェルは大好きで、クリーミーカラメルやハニーマスタードオニオンなど、幾つかの種類の小袋を買い揃えて常備してあります。

スポンサードリンク

以前コストコでメガネフェアみたいなのをしていたことがあったのですが、横を通りかかったときに「どうぞお召し上がりくださいね~」と店員さんから声をかけられて勧められたのが、スナイダーズのチョコレートプレッツェル。

普段はお菓子コーナーを通ってもその存在に気づかなかったのですが、一つ試食してみると・・・おいしいじゃないですか!

「沢山食べていってくださいね」というお言葉に甘えて、ついつい幾つかつまんでしまった覚えがあります。

結局そのときは、メガネは買わずにチョコレートプレッツェルだけ買って帰ってきたのでした。以来、すっかりスナイダーズのチョコレートプレッツェルの虜に。。

 

名称:チョコレートプレッツェル

原材料名:小麦粉、砂糖、牛乳、カカオマス、ココアバター、乳糖、乳脂肪、食塩、大麦、ぶどう糖、菜種油、酵母、乳化剤(大豆由来)、香料、膨張剤。

本品製造工場では、落花生、くるみを含む製品を生産しています。

内容量:793グラム

賞味期限:購入日から6ヶ月先まで

保存方法:直射日光や高温多湿を避け、涼しい場所で保存して下さい。

原産国名:アメリカ

 

3~4センチくらいのハート型のような形をしたプレッツェルに、アメリカを代表するチョコレート、HERSHEY‘S(ハーシー)のミルクチョコレートがしっかりとコーティングされています。

溶かしたチョコレートの中にプレッツェルをどっぷりと漬けこんだような感じで、表面はすっかりチョコレートで覆われていました。

袋を開けると、乳臭い濃厚で甘~いミルクチョコレートの香りがして、香りだけでお腹がいっぱいになってしまいそうな感じです。

 

袋には、チョコレートプレッツェル7個で140キロカロリーと書いてありました。

結構食べ応えはあるものの、7個なんてあっという間になくなっちゃう・・・。

140キロカロリーってご飯1杯分弱ですよね。うーん(汗)

 

最初は、「こんなにカロリーの高そうなものを一袋も買ったら、食べ過ぎちゃうからマズい!」と思い、実家の家族とシェアしたのですが、それがなくなる頃にはすっかり危機感も薄れ、次からは何の迷いもなく一袋購入しております。

“食べても太らないんだ”と思っていれば、本当に太らないという説もありますが、本当のところはどうなんでしょうね?

 

パッケージの絵を見てみると、プレッツェルの周りに大粒の塩をまぶして描かれているのですが、実際に食べてみても、塩のザクっとした食感が感じられ、塩気をしっかりと感じとることができます。周りにコーティングされているのはミルクチョコレートなので甘いのですが、プレッツェルもその甘さに負けないくらい塩が主張しているので、甘じょっぱさのバランスが絶妙!

塩の粒が口の中に残るのか、最後まで塩気を感じられるので、後味も甘くなりすぎることがありません。

これはこれは、本当にクセになる味ですね~!

プレッツェルのザクザクとした食感も相まって、どんどんどんどん食べ進めてしまいます。

ヤバイ!手が止まらない!これは気を付けないと、気づけば恐ろしい量を食べていたということになりかねません。

お皿に出して食べれば、どれくらい食べたのかなんとなくは把握できるのかな。

何か作業をしながら食べるとついつい食べ過ぎてしまう気がするので、純粋にお茶タイムを楽しむというようなときのお供にした方が賢明かもしれませんね~。

 

 

それにしてもこちらのチョコレートプレッツェル。

800グラムちかく入っているのにも関わらず、私が購入したときは1,358円だったので、最近コストコのチョコレート菓子は軒並み価格が高騰しているだけに、とってもお値打ちに感じますよね。おいしいだけでなく、家計にもやさしくてありがたいです。

 

プレッツェルといえば、少し前に新発売になっていた塩キャラメルプレッツェルも試してみましたが、やっぱりスナイダーズのチョコレートプレッツェルは超えられなかったなぁ。

おいしかったけれど、スナイダーズと比べてしまうと量が少し少な目に感じてしまったのと、若干チョコレートの口溶けが少し悪くて、想像していた感じと違ったんですよね。

(あくまで私の意見ですけれど)改めて、私の中の不動の一位は、スナイダーズのチョコレートプレッツェルだなぁと感じたのでした。

一つ欲を言えば、袋がジッパーつきのものになってくれれば、保存がしやすくなってより嬉しいなぁと。

でもまぁ、このお値段では仕方ないのかな。

それでも、チョコレートプレッツェルはこれからも、我が家には欠かすことのできない愛すべきお菓子で在り続けるでしょう♪

スポンサードリンク