冷凍庫になくなると、買っておかなくてはと不安になる食材があります。

それが、冷凍うどん。

 

以前紹介したTableMark(テーブルマーク)の冷凍うどんは、私が個人的におすすめしたい、子どもがいる家庭がコストコに行った時に買ってほしい商品です。

この時の後にも、リピ買いしているほど私の中ではお気に入り商品なんですよ。

スポンサードリンク

コストコでは冷凍食品のコーナーにあります。

200g5食が2袋入っていて、一見すると多いように思いますが、我が家では、あっという間になくなってしまいます。

 

前に買った時は、10食入りで468円でした。

5食パックで234円、1食あたりは46.8円の計算です。

 

子どもが産まれて、多少、食費を節約しなくてはと思っている家庭なので、底値を気にしつつ生活しています。

冷凍うどんも、スーパーで安い製品がありますよね。

そして「冷凍さぬきうどん」と「冷凍うどん」では値段が違うように思います。

 

もちろん、安い製品を試したうえで、茹でた時のコシが「冷凍さぬきうどん」の方があって、おいしさも違うのかなと漠然と思います。

母親の私は、やっぱり冷凍さぬきうどんがおいしいように思う・・・と「なんとな~く」感じているのですが、子どもの舌は敏感で、おいしくないものは「食べない」です!

特に、上の子が食べないことが多くて、おいしくない時は、きっとお腹がいっぱいになっていない時でも「ごちそうさまでした」と箸を置きます。

なんだか家に美食家がいる!そんな気分です。

 

TableMark(テーブルマーク)のうどんは、ちゃんと食べてくれます。

そして、面白いことに調理法は適当に茹でても大丈夫なんですよね。

(お湯の中で茹でて、ほぐれたらOK!)

 

ある日の食卓を紹介しますと、スロークッカーで調理しておいたおでんの残りがありました。

ゆで卵も食べきってしまって、ちくわ、はんぺんなどの練り物も少なくなっている状態です。

子どもたちは、大根をきっと食べないだろうな。

ウインナーくらいかな。そんな気分でした。

 

変換 ~ IMG_3167

そこに、テーブルマークのうどんを冷凍された状態で、そのままポン!そして温めます。

鍋の写真を撮影しましたので見てください。

本当に冷凍した状態で入れています。

ただそれだけ。

ほぐれたら、おでんつゆのうどんができあがり!!超~簡単です。

 

実はこんなに簡単(+乱暴)なのに、しっかり出たおでんつゆもおいしいので、子どもも喜んでくれます。

残り物レシピですが、おでんつゆって絶対残りますから、ぜひ挑戦してみてください。

ちゃんと作りたいのなら、かまぼこや輪切りねぎを用意すれば見た目もはなやかになりますよね。

かつおぶしもふわっと乗せたら、うどん専門店で出てくるおうどんになりそうです。

 

ごはん、パン、うどん、ラーメン、お好み焼きと炭水化物ばかり好きだという子どもたち。

幼稚園に通う前なので、お昼は毎日必要です。

そんな時に手軽に調理できる冷凍うどんはありがたい存在です。

この冷凍うどん、買い物に行けない時のメニューにも役立ちますよ~。

 

買うときは、どうしてもかさばってしまうので、冷凍庫の空きスペースを確認してから行ってみてくださいね!

スポンサードリンク