★プエルトリコのコストコ情報★

カリブ海に浮かぶ Puerto Rico!  からのレポートです。

スポンサードリンク

我が家の冷凍庫ストックに欠かせない一品をご紹介します。

Chicken&Vegetable Dumplings

WITH SAVORY DIPPING SAUCE

<チキン&野菜の餃子・食欲をそそるソース付き>

ソースは酢+ごま油+生姜+ニンニクの味が上手く調和していて

パッケージどおり、食欲をそそられます。

Ling Ling社/アメリカ産

重量:4.2パウンド(約2キロ)+ソース4袋

値段:$11.29 (約1.200円)

1個の大きさ:長さ9cm・高さ3cm チキン・キャベツ・ネギ入りで肉厚

3つの NO! が記載されています。

  • ①MSG 旨み調味料(グルタミン酸ナトリウム)
  • ②防腐剤
  • ③トランス脂肪酸

 

この商品をプエルトリコのコストコで最初に発見した時には

「やった! 餃子が食べれる」とテンションUP↑ (^0^)

家に帰り、調理方法は“焼き餃子”しか考えられず

フライパンで焼いたのですが、出来上がりが想像と違いすぎ 撃沈・・

餃子の皮が厚く、焼くには不向きでした。

皮が厚いので“揚げ餃子”もありだと思います。

袋裏面にも調理方法が記載してあるのですが、

ゆで餃子

1)やはり“茹で餃子”がベスト!

冷凍のまま熱湯に入れ、5,6分で湯きり。

うちでは、楽ちん・餃子鍋にする時もあります。

餃子から良いお味が出るんです。

 

2)オプショナルとして“焼き餃子”だそうです。

オイルをひき→平らな面を下にフライパンに乗せ4,5分→下側が黄金色でOK。

調理中は餃子を動かすな。と書いてあります。

 

3)次、レンジでチン方法!

カッコで(お勧めしません)と書いてあります。 なぜ?

1カップのぬるま湯と、冷凍の餃子をボウルに入れ4,5分チン。

十分では無い場合、もう一度2分チンしてね。

チンするとボウルと熱湯になるから取り扱い注意。

あー、なるほど・・さすが訴訟大国アメリカ。

この(Not Recommended)で身を守るのですね。

餃子パン1

★餃子ちぎりパン レシピ★

プエルトリコのパン&ケーキ屋さんに並ぶ商品は、どこの店も一緒・・

唯一、コストコで新鮮な(これ重要)健康パンが手に入りますが、

日本の厚切り食パン・あんぱん・惣菜パンなどを食べたい時は、

時間を見つけては自分で作っています。

餃子パン2

<材料>

パンケーキMIX 1カップ

強力粉 1カップ

月桃粉 小1

砂糖 大2

ココナッツオイル 大2

水 150cc

イースト 小

  • ①上記全てをパン焼き機に入れて、第一発酵までお任せ
  • ②この間に冷凍庫の餃子4個+餃子ソースを取り出し室温で解凍
  • ③①終了→生地を9個に分け、生地が乾かないようにして10分休憩
  • パンレシピ④
  • ④この間に②の餃子を半分に切り(8個分)ソースを餃子の中に入れる
  • ⑤③の空気を抜き平たく丸く→④の餃子にソースを絡めて成形
  • ⑥天板に並べ→余ったソースを生地に塗る 
  • ⑦180度で15分焼き できあがり。

※お気づきになりました?

餃子8個とパン生地9個で、1個合いません・・

数が違うようにしているのは

パーティにピッタリ ♪ロシアンルーレット♪ で楽しめるんです。

天板に乗せる時も、餃子が入ってない生地を無意識に置けば完璧!

作った本人も覚えていません・・

月桃粉を使用している理由は、餃子を皮ごと使うので

餃子の皮とパン生地の白色を分けたいなぁ・・と思い緑色の粉を使います。

月桃粉が無ければ、青じそ粉・ほうれん草・青汁を入れてもお勧めです。

月桃粉と青じそ粉は独特な香りがするので、入れすぎ注意です。

 

あー、羽根つき餃子が食べたい・・

プエルトリコのコストコで

Ajinomoto社の餃子を販売してくれないかな?

 

 

スポンサードリンク