私は、ホテルタオルが大好きです。

あの吸水感としっかりした感じ。

フワフワタオルは繊維が体に残ったりするけど、

そんな残留感は無く、吸水性の高いTHE・綿って感じの質感が好き。

スポンサードリンク

だいたい大手スーパーや口コミの高さを信じて大手通販会社で

ハンドタオル購入をしていました。

どれも、追い求めていた物ではなく、購入した当初はフワフワでも

洗濯の回数を重ねると何だか薄くなってきている感じで物足りなさを感じていました。

image3

でも、コストコで出会っちゃいました!!

GRANDEURのハンドタオル!!

タオルコーナーを徘徊していると、まず最初に興味を引いたのは“今治タオル”。

コストコに今治タオルって販売しているんだー・・と感心していて

触ってみると・・自宅のタオルにもちょっと似た日本によくあるタオルという感じにしか受けとれず、今治タオルだから高級という先入観だけでした。

 

今治タオルを離れてみると、後は海外製品らしい様相のものが並んでいて

なんとなーく全部に手を突っ込んで触っていると、追い求めていた触感が!

 

すると、他のコストコ会員の女性が二人、迷いもなくGRANDEURタオルに

近寄り、『やっぱこれだよね~ホテルタオルやめられない』とカートにポン!

 

確かに、一番ホテルタオルに近い!!

その姿に後押しされてカートインしちゃいました。

 

このGRANDEURタオル、化学繊維を使用していないのに

柔軟剤がなくてもふんわりやわらかいのがうりだそうです。

赤ちゃんや、敏感肌の方にも使ってもらいたい

“ハイグロコットン100%”です。

 

ハイグロコットンって?!

と思い調べてみたところ、

100%上質なコットンを糸の内部に空気が入る様に

織られている構造の事でした。

image2

だから、しっかりとした厚みがあっても、通常の綿糸より

軽くて柔らかくて、吸水性、速乾性に優れており、

空気をたくさん含む為保湿性にも優れたタオルということでした。

 

GRANDEURタオルのループは少し短めに立たせてあるんだそう。

高密度に編み込んであるため、洗濯を繰り返してもループが寝ることなく

いつまでもぶ厚く贅沢な感触が持続するようになっているんですって。

柔軟剤が無くてもふんわりするのは、空気を含む構造だから

ふんわりとやわらかな感触になるんですね~。

image4

GRANDEURタオルは乾燥機OKです。

アメリカの過程では洗濯物は乾燥機で乾かすのが一般的。

乾燥機の空気を吸収する構造にもなっているんでしょう。

乾燥機の高温温風でも耐えうるように出来ているように見て取れるのが

タオルの耳の部分。

 

日本製の一般的なタオルは、2~3本くらいをつなげて

大きな織り機で織り、最後に切断して端の部分をミシンで処理して作られているそうです。

GRANDEURタオルの端は一枚づつ織り機で織るので、端が小さく

何度も縫い合わせてあり、大きな耳になっています。

だからとっても丈夫で、長期の洗濯や乾燥機の使用にも耐えられる造りだそうです。

 

自分の抑えて欲しい要素てんこ盛りなタオルが4枚セットで¥980でした!!

お買い得そのもの。

 

我が家は4人家族なので、洗面台のタオルが一般的なタオルだと

夕方にはかなり濡れている感じになっています。

でも、このタオルにしてから、夕方頃の『うぇ・・濡れてる』感がを

あまり感じなくなりました。

ホテルのラグジュアリー感を感じて過ごす気持ちよさ。

家のタオルの買い替えはこのタオルに決まりです!

 

 

スポンサードリンク