コストコではお馴染みの調味料メーカー、マスコットの『エルブ・ド・プロヴァンス』を購入しました。

色んな種類のハーブが組み合わさっている、いわゆるハーブミックス調味料です。

 

名称:混合香辛料
原材料名:バジル、タイム、マジョラム、ローレル、オレガノ、タラゴン、ローズマリー、セージ、セロリシード
内容量:40g×2
賞味期限:購入日より1年半先まで
保存方法:直射日光、高温多湿の場所を避け、常温保存

詳細忘れましたが、2個入りで800円位でした。

スポンサードリンク

エルブ・ド・プロヴァンス(herbes de Provence)はフランスのプロヴァンス地方でよく使われる様々なハーブをブレンドしたものです。

 

プロヴァンス地方内では古くから料理に使われていましたが、一般に知られるようになったのは1970年代に入ってからで、よく使われるハーブをひと括りにしたものを特にエルブ・ド・プロヴァンスと呼んで他のハーブと区別するようになりました。

 

お肉やお魚の香草焼きは好きなのですが、色々なハーブを買い揃えたりするのは面倒でコスパも悪いし、挙句の果て、一度だけ使って棚の奥に追いやられて使わなくなって廃棄してしまう事って結構あるのです。(私だけ??)

 

そんな時にCS放送の料理番組に出てきた『エルブ・ド・プロヴァンス』

とりあえずこれ1つあれば色々使えて便利かも!!と思い購入しました。

DSC_0003 (3)

魚や肉を焼く際の香り付けや、シチュー等に加えて使うのが一般的です。

缶を開けると、香草!!って感じの香りがぷーんとします。

特にタイムとローズマリーの香りが際立つ感じです。

ハーブってそのままの匂いは薬草っぽくて微妙なのですが、これがまた料理に使うと大変身するから凄いですょね。

 

一般家庭でフレンチなんて作りませんが、一般的な洋食なら使えます。

煮込み料理やドレッシングやソースに加えてもよし、肉や魚の香草焼きにもOKでなかなか使い勝手がいいです。

他にも、クリームチーズやバターに練り込んだり、スープや煮込み料理に加えたり、パン粉と混ぜて香草パン粉などなど、様々な料理になじみやすいです。

DSC_0002 (3)

大好きなラム肉は、エルブ・ド・プロヴァンスをたっぷりとかけてから焼いていますが、これだけで本格的な仕上がりになります。

レストランっぽい香りになるというか、普段の料理がお洒落になってステキなんです。

DSC_0001 (3)

一般的に、出来上がった料理に振りかけるというような使い方はしないのですが、個人的に自宅で揚げたフライドポテトに塩、胡椒とエルブ・ド・プロヴァンスを振りかけるとひと味違うおフランスな感じに仕上がります。

 

これが、白ワインにあう良いおつまみになるのですょ!

あれこれハーブの香りや効能を考慮しながら使い分けたりする方には物足りないかもしれませんが、香草を使う料理の大抵はカバーできるのではないかと思います。

なんとなくマンネリ化してくる味付けも、これを加えるだけで幅が広がります。買って良かった~。

お値段もお安いので、ぜひ使ってみてくださいね!

スポンサードリンク