飲み会が増えるこの時期に『新ヘパリーゼドリンク』を購入しました。

アラフォーになりお酒も弱くなり、体力も低下。

忘年会&新年会シーズンは意外と辛い。

お酒を飲む機会が多かったり、偏った食生活が続くと、タンパク質やビタミンが不足しがちになり肝臓の機能にも負担がかかって体調崩してしまうのですょね。

ただでさえ忙しい時期、予防しないとです。

コンビニエンスストアやドラッグストアでも購入出来ますが、まとめて買うと1本あたりの価格お安くなるので思い切りました。

スポンサードリンク

効能・効果:滋養強壮、胃腸障害・栄養障害・病中病後・肉体疲労・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給、虚弱体質

用法・用量:成人(15才以上):1回1瓶(50mL)、1日1回服用する。

成分1瓶(50mL)中:肝臓水解物 200mg、コンドロイチン硫酸ナトリウム 200mg、ジクロロ酢酸ジイソプロピルアミン(ビタミンB15活性成分) 20mg、ゴミシエキス(原生薬換算 300mg) 54mg、ジオウ乾燥エキス(原生薬換算 500mg) 100mg、タウリン 1000mg、ビタミンB2リン酸エステル 3mg、ビタミンB6 5mg、ニコチン酸アミド 12mg
(アルコール 0.1mL以下)

希望小売価格(税抜):50mL:400円、50mL×3:1,200円

 

「ヘパリーゼ」とは、ギリシャ語の「肝臓 (Hepar)」 と英語の「分解する (Lise)」を組み合わせた「肝臓を分解したもの (Heparlyse)」という意味だそうです。

早速、冷やしていただきました。味は飲みやすいパイン風味です。

普段はやりませんが、カップに入れてみました。どす黒い感じがなんとなく効きそうです。ですが、臭いが広がり飲みにくくなりますので、皆さんが瓶のままぐいっと行くことをおすすめいたします。

 

主成分は「肝臓水解物」
哺乳動物の肝臓(レバー)を消化吸収しやすいように分解したもので、肝臓の新陳代謝を活発にする事により、滋養強壮効果を発揮するとのこと。

いったいどんなことで身体に起こるかというと、肝臓の血流量が増加し、肝臓細胞の再生が促進され悪酔いの原因であるアセトアルデヒドを分解・解毒します。

 

また、お酒を飲んでいるとき肝臓は過酷な仕事をしているため、猛スピードで再生しようとしています。

その時必要なのが、アミノ酸。この肝臓水解物には、必須アミノ酸をはじめとする合計18種類ものアミノ酸が含まれているため、細胞の生まれ変わりを効率よくサポートしてくれるそうです。

つまり、ヘパリーゼは肝臓の仕事を早くしてくれるんですね!

 

具体的な効果は、

①お酒を飲む前に飲めば悪酔いが防げる 

②二日酔いの朝に飲めばいつもより早く二日酔いが治る 

③レバーをアミノ酸やペプチドのレベルまで分解しているので、弱った胃腸でも、スムーズに吸収する。

 

ということらしい。

まさに、飲み会にうってつけです。

 

また、単なる肉体疲労の滋養強壮剤ではなく、暴飲暴食や、バテなどからくる胃・腸の障害、肝臓の疲労(内臓疲労)にも効くそうです。

年末年始、備えておいて損はなさそうです。

 

スポンサードリンク