コストコ会員になった当時からずーっとリピートしているグレープシードオイルをご紹介します。

 

ブドウの種子から搾った油で、ワインを作る際にとれるブドウなどを利用して作っているそうです。

大量のブドウから少ししかとれないので通常の油よりも少し高価なのですょね。

 

我が家では、オリーブオイルが流行り始めた20数年前に母が何故か買ってきました。

どうやら間違えて買ってきたようなのですが、オリーブオイルに劣らない健康効果があり、サラッとしていてクセがないのですっかり定番となりました。

スポンサードリンク

グレープシードオイルにはコレステロールがないだけでなく、必須脂肪酸であるオレイン酸やリノール酸がたっぷりと含まれており、悪玉コレステロールの減少、善玉コレステロールの増加が見込めます
また、抗酸化力に優れているビタミンEはオリーブオイルの倍以上、ポリフェノールの含有量も多いため、活性酸素を抑制する作用も期待することができます。そのことから、グレープシードオイルは動脈硬化や心臓の病気の予防、老化の予防に有用といわれています。

 

オッタビ グレープシードオイル 920g×4本セット
購入時価格 2000円前後でした。数年前は1600円くらいで、とても安かったなぁという印象です。

ちなみにこの商品の原産地はイタリアです。

グレープシード注ぎ口

パッケージはガラス瓶っぽいですが、実はプラスチック製です。瓶は重たいのでプラスチックはありがたいですね。両サイドに指が入る窪みがあって、片手でも持ちやすいです。

注ぎ口には液たれ防止に返しがついているので使いごこちもなかなかいいのです。

 

グレープシードオイルは、加熱調理が十分に可能なだけの耐熱性が備わっていて、炒め料理や揚げ料理、焼き料理とさまざまな調理法でグレープシードオイルは活躍してくれます。
ほとんど香りもありませんし、完成した料理の味を邪魔することもありませんので、和洋中どんな料理でも使えると思います。ケーキ作りもOKです。ちなみに私は自宅でマフィンを作る時はバターとグレープシードオイルを半々で使っています。

グレープシードオイル色

特に揚げ物の時はこの油の良さを実感できます。油切れが良くさっぱりサックリ揚がります。

普通のサラダ油だと部屋中が油臭くなって嫌なのですが、グレープシードオイルで揚げるとそこまで臭いが気になりません。この油のおかげで自宅での揚げ物も苦になりません。

グレープシードオイルの発煙温度は250度と他の油に比べて極めて高く焦げにくいそうなので、揚げ物の失敗もほとんどありません。

 

サラダ油と比較するとどうしても高価な油ですので、コスパ重視な方にとっては不向きかもしれません。

 

しかし毎日使うからこそ、自分や家族の健康の為に身体に良い物を使いたいです。

健康効果のある油でこのお値段ならお安い買い物ですょ!

スポンサードリンク