★プエルトリコのコストコ情報★
カリブ海に浮かぶ Puerto Rico! からのレポートです。

今日のご紹介は・・
パイナップル
CARIBBEAN SWEET (Gold Super Sweet)
$2.49 (約250円) 
ドミニカ共和国産 

スポンサードリンク

以前はプエルトリコでも パイナップル栽培は盛んでしたが
現在は隣国からの輸入に頼っているようです。
もちろん全てのパイナップル畑が無くなった訳ではありませんが
以前ドライブに行った時、大規模なパイナップル畑が広がっていた地域は
アメリカ大手の薬品会社の工場が立っていて
工業団地が広がっていました。

コストコで販売しているパイナップルは<緑色>で無臭。
パイナップル選びは、いつも主人にお任せですが
なるべく大きく、重さがあり、胴が下膨れの形で
「これぞパイナップル!」を選んでいるようです。
購入から食べ頃の<黄色>になるまでに約2週間かかります。
家に到着後すぐに日あたりの良い窓辺に置くのですが
時々購入してきた事さえ忘れてしまいます。

※パイナップルは追熟しないのをご存知ですか?
時間が経つと黄色く熟すような気もしますが、酸味が和らぎ
糖度が上がるわけではでは無いようです。
しかし、緑色で購入してきたパイナップルも、
黄色くなれば十分甘く、朝のフルーツに美味しく頂いています。

<パイナップルの切り方>
上下の部分を両方切り落としてしまうと、最も甘い下部の
パイナップルの果汁が流れ出てしまうのが嫌で
何度も繰り返すうちにあみ出した*裏技*とでも言いましょうか。
最初に上部だけ切り落とし、縦半分に切ります。
次に底辺から5センチを残し切り→切り離した部分を縦半分→芯を切り取り→
皮を厚めに切り取り→好きな大きさ又は一口サイズに切り→
保存容器へ入れるを繰り返します。
底辺部分が残るのでそこにも包丁を入れ、
果汁を逃がさないように、皮から実を切り取る方法です。

保存容器に入れ冷蔵庫保管にしたり、
ラップでくるみ冷凍庫保管にしてスムージーに使用したり
粗みじん切りにして冷凍し、時間のある時に
パイナップルパウンドケーキを焼き、使い勝手の良い食材です。

スポンサードリンク

<パイナップルを料理に使う>
スペアリブや八宝菜がありますね。
パイナップルにはタンパク質を分解する酵素が含まれていて、
肉を柔らかくする働きがあるので、豚肉料理などによく使用されます。
<パイナップルに含まれる主な栄養素>
・ビタミンC=疲労の回復、風邪の予防、肌荒れに効果
・ビタミンB1=糖質を分解する酵素を助け、エネルギーに変える手助けをします
・食物繊維=便通を良くし、ダイエット食としても効果的
・ブロメラインというタンパク質分解酵素=食後に食べるとタンパク質の消化を助ける
・ミネラル=免疫力を上げ、感染症を撃退

<喉に効く特製ジュース>
2010年、アーユルヴェーダを熟知した、インドの研究者たちの実験から
咳をている時に1日3回飲むんだそうです。
材料:パイナップルジュース 1カップ
   新鮮な絞りたてレモンジュース 1/4カップ
   生姜パウダー 小1
   オーガニック蜂蜜 大1
   塩 少々
   カイエンペッパー ひとふり
作り方は、ブレンダーで全ての材料を混ぜ合わせる。

Q:カイエンペッパーって何?
A:赤く熟した唐辛子の実を乾燥させた香辛料

パイナップルはコストコで、一年中販売されていますので
これからも食卓に上がり続ける食材です (^0^)!

スポンサードリンク