コストコタイヤ館でタイヤを交換した時の話をシェアしたいと思います。

普段の車の使い方は街乗りが基本。

たまに隣県に移動をして、月の移動距離は1000キロ前後です。

タイヤの交換を検討し始めた理由は、
雨の日にスリップをしたり、
ブレーキを掛けた時にスムーズに停車しにくくなってきたからです。

特に雨の日は、カーブなどでスリップをすることが多く、
危ないなーと感じることも多かったのです。

スポンサードリンク

今乗ってる前の車の時に、
高速のカーブでスリップをして2回転半ぐらい回ってしまったことあり、
以来、タイヤ交換の大切さを意識するようになりました。

その当時は、消耗品を定期的に交換しなければいけないことすら知らなかったので、
かなり危険な状態で運転をしていたのです。

で、今回はその時よりは知識はあったのですが、
タイヤのスリップラインという、交換時期を示すラインにはまだ達していなかったこともあり、
もうちょっと大丈夫かな?と思いながら半年ほど運転をしていました。

しかし雨の日にカーブでスリップを検知することが頻繁にあり、
自分以外の人を車に乗せることも増えたので
早急に交換しなければ!と考えるようになりました。

コストコのタイヤ館でタイヤが安く交換できることを知っていたので、
来店時に店員さんに相談。

店内にはは、ミシュラン、ブリジストン、横浜タイヤの3種類があり、
自分の車のタイヤサイズに合ったものを購入することが出来ます。

この時タイヤのサイズが分からなくても、
定員さんがサイズを測って交換できるタイヤを教えてくれるので
専門知識がなくても大丈夫です。

そしていくつか比較をした結果、
性能と価格のバランスがいい横浜タイヤを購入することにしました。

▽交換をしたタイヤです
コストコタイヤ交換

価格は4つ購入して3万円もかからなかったと思います。

購入時にはタイヤ割引クーポンというものを利用しました。
これを使うことで5000円の割引を受けられるという大変オトクなクーポンです。

タイヤ割引クーポンは入会時と年に1回ある会員更新の時にもらえます。

なくしてしまった時は、再発行手続きをしてもらえます。
私は間違って捨ててしまったので再発行をお願いしました。

タイヤの交換は、買い物に行っている間にやってくれて、
作業が終わると携帯電話に電話をしてくれます。

そして買い物から帰って、荷積みをして
そのまま車に乗って変えることが出来ます。

タイヤ交換サービスには、
ローテーションと言って
前後のタイヤ交換するサービス、
窒素ガスを挿入するサービス込みの料金になってます。

窒素ガスは普通の空気に比べて
ガス抜けしにくいので、
長い期間タイヤの性能を維持することが出来ます。

▽液体窒素が挿入されたことを証明するバルブ
コストコ窒素ガス

今回ヨコハマタイヤに交換する前は、
GOODYEARというメーカーのタイヤを使っていました。

スポンサードリンク

これは車を中古で購入した時に、
車屋さんがサービスで無料交換してくれたものです。

性能的には一般的なタイヤと同等で、
音もあまりうるさくなくて、燃費もまあまあ出ます。

グッドイヤーからヨコハマタイヤに交換した感想ですが、
グッドイヤーよりも音がさらに静か、
燃費は同じぐらいですね。

元々中古車で購入していることもあり、
燃費は徐々に落ちてしまっているのですが、
それでもリッターあたり18キロは余裕で出ます。

運転しているのは2代目プリウスです。
(中古で購入をしました。)

そして雨の日や、カーブ時のスリップが激減し、
安定したドライブが出来るようになりました。

車は人の命を運ぶものですから、
安全対策には気を使って管理していきたいです。

次回はタイヤ交換と一緒に交換をやってもらった、
グッドイヤーのワイパーの紹介をします。

スポンサードリンク