行くたびに新しい発見があるのがコストコの魅力ですが、
巷のオーガニックブームのせいでしょうか。
以前に比べ、ナチュラルフードに応用できそうな食材を見かけることが増えてきました。

そのひとつがこちらの、オーガニック・ベビーケール。

ベビーケール1

毎朝のグリーンスムージーにピッタリですね!

スポンサードリンク

ちなみにグリーンスムージーというのは、カンタンに言ってしまえばローフード
(食材を加熱しない)の一種。
身体に必要な酵素や栄養分を手軽に取れることで大人気です。
家族の野菜不足を心配したアメリカの女性が考案し、
その効果が認められて全米で注目を集めました。

作り方は至って簡単。ほうれんそうやケールなど、生の葉野菜とともに
季節のフルーツを水でブレンドするだけ。
その比率は葉野菜4に対してフルーツ・水が6程度であれば、大抵のフルーツが掛け合わせ可能。

出来上がりは一見すると微妙な色をしていますが、
飲んでみるとフルーツの自然な甘みが際立ち、
とてもおいしくいただけます。

そんなグリーンスムージーの効果はさまざまで、便秘解消から美肌効果、
むくみにも効果があり、さらに花粉症の軽減なども報告されているようで、体質改善に効果大。
書店ではグリーンスムージーのレシピ本も出回っていて、健康を気にする女性はもちろん、
好き嫌いがありがちな子どもも気軽に飲めるということで、
野菜不足解消に一役買ってくれます。

我が家の5歳男子もご多分に漏れず偏食気味なので、母のダイエット効果と相まって大活躍。

さて、苦みが気になるケールは初体験ですが、何と言っても青汁の原材料。
栄養満点を期待しての購入に踏み切りました。
一袋500g弱で、かなりの量です。

写真 (39)

このまま袋ごと野菜室に入れても使い切れないと思い、丹念に水洗いした後、
ジップロックに小分けし、フリーザーで保存しました。
実際に分けてみると、20センチ角のジップロック4袋分になりました。
というわけで、まずは翌朝、さっそく定番のグリーンスムージー作り。
この日は我が家の偏食男子と一緒に飲んでみようと、水を使わないSOYMILK仕様で、
少し甘めのレシピにしました。

・材料・
バナナ 1本と 凍らせたベビーケール 一掴み
アサイードリンク 50CCほど(アサイーはシャーベット状のものでも可。その場合は1パック)

この日はシャーベットパックを1本使いました。

写真 (47)

カークランドシグネチャー・SOYMILK(VANILLA)100CC

写真 (43)

最近、横広の形から細長いパッケージに変わったんですね。
冷蔵庫への収まりが良くなりました。

写真 (38)

カークランドシグネチャー・クローバーはちみつ 少々
くまさんがドヤ顔です。
各材料で容量を挙げましたが、実際作り始めると、かなり大雑把です(笑)

【ステップ1】

まずはバナナを手で折って投入。
コストコで売られているバナナは長めなので、3等分くらいに分けると良いでしょう。
次にアサイードリンク。もしくはアサイーシャーベットパックを一つ入れます。

アサイードリンクを使う場合、小さめのマグカップに一杯くらいが適量です。
あまり入れすぎると、トロっとしたスムージー独特ののど越しが失われるので注意。
ただし、さらりとしたテイストがお好みの方は分量よりも多くても問題なし。
アサイー独特の爽やかな口当たりが楽しめます。

【ステップ2】
凍らせたケールを入れます。

写真 (50)

茎の部分は繊維が固く、口当たりが悪いので念入りに手でちぎり、
飲んだときに口の中に残らないようにします。
それに対し、葉の部分は適当にばさばさとちぎります。
程よく凍ったケールは、特有の苦みや匂いも軽減されています。
そして、我が家の定番・カークランドシグネチャーのSOYMILKをグラス1杯くらいを目安に注ぎます。

写真 (49)

入れる順番は固形・繊維・水分という感じ。その方がしっかりブレンドできます。

【ステップ3】
最後にはちみつを少々入れます。

写真 (48)
SOYMILKにも甘味があるので、ティースプーン1杯くらいが適量です。

ちなみに、グリーンスムージーの基本は水。
本来、はちみつなどの甘味も必要ありません。
そのため、子どもとシェアしない場合は入れませんが、
今回は子ども向けということもあり、はちみつとSOYMILKを入れました。

全ての材料を入れたら、ケールの形がなくなるまで、2,3分ほどブレンダーを回して完成です。

写真 1 (1)

グリーンスムージーと言うよりは、アサイーボウルのスムージー版という感じでしょうか。

お好みでグラノーラなどをトッピングして出来上がり。

写真 2 (1)
ちなみに、アサイーを入れなければこんな感じになります。

スムージー1

これぞ、元祖グリーンスムージーって感じですね。

アサイーを入れると何とも言えない色になりますが、スムージーらしく、
どろっとした口当りが楽しめます。
凍らせて苦みを抑えているため、子どもにも抵抗なし。
朝ご飯を食べたがらない我が家の偏食5歳児も、水分の多いこれなら喜んで飲んでくれます。

また、作り方も適当でカンタンなので、ちょっとしたお手伝いにもなり、
「オレはママを手伝ってやる、エライ男なんだぜ!」的なドヤ顔で、
この日は朝から気持ちよく登園していきました。

テーマは「手はこんでいなくても身体に良く、子どもと一緒に作れる食材」。
ナチュラル志向に変わりつつあるコストコのこれからがますます楽しみです。

スポンサードリンク