コストコが有料会員という形をとった理由は?

スポンサードリンク

コストコに入会するために必要な入会金について説明をします。

 

一般的な店舗の会員サービスというのは

ポイントキャッシュバックがあったり、

スタンプを貯めると割引チケットが貰えるなど

消費者にメリットを最初に提示をして無料や数百円の入会金を支払うパターンが多いです。

 

家電量販店などではポイントカードに入会するために条件はなく、

ほとんど全てのお店が無料でカードを作ってくれるのが現状。

 

ドラッグストアなどでもお客さんにリピートしてもらうために

ポイントカードを無料で発行している事が多いですよね。

 

スーパーやホームセンターでも同様です。

 

そんな中、コストコでは会員になるためには毎年4,200円支払わなければなりません。

 

私はホームセンターや一部のお店で有料会員になったことがありますが、

有料会員になるための条件は最初に500円を払うという

払い切りシステムがほとんどです。

 

コストコのように会員であり続けるために毎年お金を払うという仕組みには

最初抵抗がありました。

 

しかし実際に入会をしてみて、なぜコストコが有料会員という制度を取ったのかを理解することが出来ました。

有料という敷居を入り口に設けたことで、コストコの質やブランドが守られていることがわかったのです。

 

どういうことなのか詳しく説明をします。

 

一般的なスーパーでは、好きな時に来店をして、

買い物が終わったらレジ袋や持参した買い物袋に商品を入れて持ち帰ります。

 

これは効率的な買い物スタイルではあるのですが、

お店側からしたらどんな客が来るかわからず

面倒なお客さんにも対応をしていなければならないというデメリットがありました。

 

私はインターネットで商品を売る経験をしたことがあるのですが、

高額な商品を購入するお客さんよりも、低単価な商品を購入するお客さんのほうが

対応が難しいなと感じることが多かったです。

 

同じようなジャンルの、価格帯が異なる商品を売っているのに、

単価が低いもの(1000円以下)には、発送が遅いとか

商品のコンディションが気に入らないとか、

無茶な要求をして来るお客さんが多かったのです。

 

扱っていた商品はアンティーク系の商品から、

未開封の商品、絶版となった希少なアイテムまで幅広かったのですが、

安い価格設定の商品はそれなりのコンディション、

状態が良い商品は高い価格での販売をするのが

一般的な値付け方法。

 

だけど単価が極めて安い商品、

例えば1円で販売をした商品に対しても

発送の遅さやコンディションへの不満を訴えてくるお客さんが結構いたのです。

 

これはネットだけの話ではなくリアルでも同じだと感じています。

 

私が住んでいる地元の周辺には4つから5つぐらいのスーパーがあるのですが、

低価格を全面に押し出したスーパーから、

バランス重視のスーパー、

高級路線のスーパーまで

色々な属性をターゲットにしたスーパーがあるんです。

 

どのお店に言っても商品ライナップから、

来ているお客さんの雰囲気まで全てが違います。

 

安いスーパーでは、夕方の混雑をしている時に

お釣りの受け渡しを間違えたレジの店員さんに対して

延々と叱りつける理不尽なお客さんがいたことがあるのですが、

高級路線のお店ではそういった不毛なクレームを付けるお客さんを見たことがありません。

 

また、学生時代にスーパーでアルバイトをしていた時には

いくつかのスーパーをはしごして買い物をするお客さんを見かけたことが何度かありました。

 

同じ商品でもお店が違うと数十円から数百円価格が違うことはよくあり、

商品を最も安く購入できるお店で商品を購入するというお客さんがいるのです。

 

消費者側からするとこれって合理的な判断に見えるけれど、

販売側からしたら目玉商品しか買わないロイヤリティの低い顧客。

 

あんまウェルカムなお客さんではないわけです。

 

だったら入り口の部分でそういう忠誠度の低いお客さん弾いちゃえばいいじゃんと

考えたのがコストコの有料会員システム。

 

これは本当にうまくやったなーと思います。

 

実際、店内で無茶なクレームを付けるモンスターカスタマーは見たことがありませんし、

誰がいつ来店して何を買ったかまでシステムで管理できるので

在庫管理も一般的なお店よりもさらに細かく対応していくことが出来ます。

 

そうすることによって人気のある商品はさらに大量仕入れをして安く提供、

あまり需要がない商品は値段を下げて処分。

次回からは仕入れを制限するという作戦をとることが出来ます。

 

その結果、お客さんは欲しい商品を競争力のある価格で常に手にすることが出来、

お店側も大量仕入れ、大量販売をすることで在庫を何度も回転させることが出来ます。

 

 

またセキュリティの面でも有料会員制度は高い能力を発揮しています。

 

誰でもアクセスできるお店では、万引きの被害に頭を悩ませている店舗が多いのですが、

コストコでは入口の部分で忠誠度が低いお客さんを排除し、

買い物をしてお店を出る時にレシートと購入した商品をチェックするシステムが有ります。

 

私は学生時代に米国に留学をしたことがあるんですが、

アメリカでも万引きの問題はあるらしくて

一部のお店ではお店を出る時に荷物チェックを受けなければ外に出ることが出来ませんでした。

 

お客さんを性悪説で判断して荷物検査をするなんてひどい扱いだと思う人もいるでしょう。

ですがそういうのが嫌ならばコストコの会員にならなければいいのです。

 

そういった面倒なお客さんを避けるためにも、無料にして誰でも入れるお店ではなく、

年間4200円を払えるお客さんにターゲットを絞って運営をしたほうが

安全です。

 

有料会員制度はお店側にメリットがあるだけでなく、

お店の雰囲気や、有料会員のお店に通っているという特別感を消費者である私達に持たせます。

 

そのことで、自分はコストコの有料会員なんだ、

普通の人は行けないお店にアクセスをする権利を持っているんだという感覚になり、

お店に通っている自分や、そこで買い物をするという経験に価値を見出すようになるのです。

 

なんか宗教っぽい話になってしまいましたが、

実際に入会して僕はある種の選民意識のような感覚になりました。

 

コストコで買い物をしている自分が好きという感覚になったのです。

 

それぐらいコストコで買い物をすることが現在は楽しいですし、

コストコの楽しさを伝えるためにサイトまで立ち上げてしまいました。(笑

 

ちなみに年会費ですが、
無料にする裏ワザというのが実はあります。

メールマガジンでやり方を公開しているので、
コストコの年会費が高くて、入会に踏み切れない方は
このやり方を試してみてください。

スポンサードリンク

コメント