ドンキホーテとコストコの違いは?どっちが安い?

スポンサードリンク

今回は安売りチェーンとして有名なドンキホーテについて解説をしたいと思います。

ドンキホーテは全国にお店を持つディスカウントストアです。

 

扱っている商品は生活雑貨から食料品、ブランド物、

おもちゃに家電と幅広く、

コストコと販売している商品が被っているものもあります。

 

今回はコストコとドンキホーテの違いについてまとめてみたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

 

ドンキホーテとコストコの一番大きな違いは一度に購入をする量の違いです。

 

ドンキホーテは商品を1点から購入することが出来ますが、

コストコの場合は大半がセット売り。

 

そのため同じような商品を購入しても

コストコの会計はドンキホーテよりも高くなりがちです。

 

ドンキホーテでもコストコでも

割引クーポンというものが配布されていて

これを使うことで通常よりもさらに安い料金で商品を購入することが出来ます。

 

ただこれは調べるとわかるのですが

ドンキホーテは店舗によって値段が異なることも多いです。

 

あるお店では地域最安値になっているものが

他のお店だと安くない値段になっていたり、

他のお店で特価品になっているものが

別のお店だと値段がたかいままになっていたりすることがあります。

 

ですのでドンキホーテを利用する時は

自分の地元の最安値を普段から意識して調べておき、

その商品がほんとうに安いのかを見極めた上で購入したほうがいいでしょう。

 

 

【情熱価格とカークランドシグネチャー】

 

ドンキホーテにもコストコにも自分たちで企画製造をしている

プライベートブランド品があります。

 

ドンキホーテの場合は情熱価格という名前がついている商品がそれで、

コストコの場合はカークランドシグネチャーという名前がついています。

 

情熱価格という名前が付いているものは家電製品から、バスタオル、

文房具、紅茶など幅広いものが用意されており、

価格は競合の有名品よりも一回り安くなっています。

 

カークランドシグネチャーも同様で、

サプリメント、洗剤、タオル、コーヒーなど

多くのものが用意されており、

例えば珈琲の豆はスターバックスコーヒーのものを使ったものもあります。

 

どちらのお店を利用するときも

このプライベートブランドである情熱価格とカークランドシグネチャーを

ぜひ一度チェックして見て下さい。

 

 

今回のまとめ

一人暮らしの人はドンキホーテのほうが使いやすい、

家族や友達と利用する際はコストコが便利。

 

スポンサードリンク

コメント